日本語

操作手順: Esri セキュア ライセンス ファイル (ESLF) を作成する

概要

新しい組織のセキュリティ要件により、一般的に使用されるオンラインおよびオフラインのワークフローが適用できなくなりました。 このため、Esri は一部の組織がセルフサービス プロセスを使用してソフトウェアを認証できる代替手段を実装しました。 組織のコンピューターを Esri に接続して認証プロセスを完了させる代わりに、My Esri Web サイトの [Esri セキュア ライセンス ファイル (ESLF)] タブから認証情報を含むファイルを作成できます。

手順

ESLF を作成するには、コンピューターまたはネットワーク ID が必要です。 以下の ID を使用できます。

  • コンピューター ID
    • MAC アドレス
    • UMN ID (ArcGIS Desktop、ArcGIS Engine、および ArcGIS License Manager)。 UMN には、MAC アドレスやブート ディスクのシリアル番号が暗号化形式で含まれています。
  • ネットワーク ID: コンピューターが存在するドメイン。
これらの ID は、ArcGIS Administrator および License Server Administrator から入手できます。

ESLF を生成および使用するには、以下の手順を実行します。

ESLF の生成
  1. コンピューターまたはネットワーク ID を取得します。 ArcGIS Administrator (ArcGIS License Manager の場合は License Server Administrator) を起動し、[コンピューター ID] をクリックします。


     
    ArcGIS for Server または ArcGIS Runtime の場合、MAC アドレスはコマンド プロンプトから取得できます。


     
  2. [保存...] をクリックし、コンピューター ID をテキスト ファイルとしてコンピューターに保存します。


     
  3. My Esri にログインします。
  4. [組織][ライセンス][Esri 製品のライセンス使用] の順に移動します。
  5. ドロップダウン メニューから、[製品][バージョン][ライセンス タイプ]、および [ライセンス] を選択します。 [ファイル タイプ] で、[ESLF] を選択します。 [次へ] をクリックします。

    Image of the ESLF license selection screen.
     
  6. 製品に対して必要なライセンスを割り当てます。 [次へ] を選択します。
    注意:
    同時使用ライセンスの場合は、番号を入力する必要があります。 単独使用ライセンスまたは ArcGIS Server ライセンスの場合、特定の製品にライセンスを割り当てることもできます。
    
  7. コンピューターまたはネットワーク ID を入力します。 単独使用ライセンスで、複数のコンピューターが UNM または MAC アドレスで認証されている場合は、複数の ID を入力できます。
    注意:
    設定した日付以降に ESLF をコンピューターに適用できないようにするため、ESLF にタイムアウトを設定することもできます。
    
    Image of the Timeout slection in MyEsri.
     
  8. [ダウンロード] または [電子メール] を選択し、[作成] をクリックして ESLF を生成します。

ESLF の使用
  1. ArcGIS Administrator (ArcGIS License Manager の場合は License Server Administrator) を起動します。
  2. 関連する製品を選択します。 [今すぐ認証] をクリックします。


     

     
  3. [認証オプション] で、[認証ファイルを Esri から取得済みで、認証プロセスを完了する準備ができています。] オプションを選択します。 保存された ESLF を参照して、承認プロセスを完了します。

関連情報