日本語

エラー: フィーチャのジオメトリを修正できませんでした。 空間参照のドメイン範囲と座標精度の定義に不正なパラメーターが使用されました

エラー メッセージ

ArcMap でマップ ドキュメントのフィーチャのジオメトリを編集または修正しようとすると、次のエラーが返されます。

エラー:   
フィーチャのジオメトリを修正できませんでした。 空間参照のドメイン範囲と座標精度の定義に不正なパラメーターが使用されました。

原因

このエラーの原因はマップ ドキュメント (MXD) 内の DWG ファイルにあると考えられます。 DWG ファイル形式は、DraftSight、AutoCAD、IntelliCAD などの CAD パッケージのネイティブ ファイル形式です。

CAD レイヤーの空間範囲が非常に大きいか、非常に小さい (例: 1:10000000 の縮尺) 場合、このエラーが発生することがあります。MXD のドメイン解像度は CAD レイヤーに定義された大きな空間範囲の影響を受けます。 MXD のドメイン解像度が、CAD レイヤーに定義された空間範囲の縮尺に対応することができません。

解決策または対処法

データを ArcMap にインポートする前に、CAD データに定義されている空間範囲の縮尺が MXD ドメイン解像度の境界内にあることを確認してください。 さらに、CAD ドローイングまたはレイヤーに定義された投影法が、インポート先の MXD の投影法と類似したものであることを確認します。

CAD レイヤーがすでに MXD に含まれている場合は、各 CAD レイヤーを体系的に削除して、問題のある CAD レイヤーを特定します。 問題のある CAD レイヤーが特定されたら、それらを MXD から削除してから、目的のフィーチャのジオメトリの修正を続行します。作業が完了したら、目的の MXD に再インポートする前に、投影法と空間参照の縮尺を再定義します。

関連情報