日本語

操作手順: REST エンドポイントから Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスク操作を実行する

概要

Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスクは、Web アプリケーションの状態を取得し、指定した対象地域のページ レイアウトまたはマップ画像をラスターまたはベクター形式で返す、PrintingTools ジオプロセシング サービスの操作です。 詳細については、「ArcGIS Server: PrintingTools サービス」および「ArcGIS REST API: Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスク」をご参照ください。

Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスクの入力は、JavaScript Object Notation (JSON) を使用して書式設定されており、Web マップ内のレイヤー、グラフィックス、およびその他の設定に関する情報を含める必要があります。 詳細については、「ArcGIS Server: ExportWebMap 仕様」をご参照ください。

手順

REST エンドポイントを通じて Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスクを実行することで、Web アプリケーション内で PrintingTools ジオプロセシング サービスまたは任意のカスタム印刷サービスを使用する前に、期待どおりに動作することを効果的に確認できます。

  1. REST エンドポイントから Web マップのエクスポート (Export Web Map) タスク操作にアクセスします。
http://<gisserver.domain.com>:6080/arcgis/rest/services/Utilities/PrintingTools/GPServer/Export%20Web%20Map%20Task/execute
ArcGIS REST エンドポイントの [タスク実行] ページ
  1. [JSON 形式の Web マップ]、[フォーマット]、および [レイアウト テンプレート] パラメーターの値を入力します。 以下に、[JSON 形式の Web マップ] の例を示します。
注意: 書式設定されている場合、次の JSON コード セクションは機能しません。 10.6 以降、印刷サービスは書式設定された JSON では動作しません。 ただし、10.6 以降のサーバーで ArcMap から ([Web マップのエクスポート (Export Web Map)] ジオプロセシング ツールを使用して) 印刷サービスを公開する場合は、書式設定された JSON を使用できます。
{"mapOptions":{"extent":{"xmin":-14029324.953095315,"ymin":3275060.5972898453,"xmax":-6803885.543356096,"ymax":7545750.241638077,"spatialReference":{"wkid":102100}},"scale":18489297.737236},"operationalLayers":[{"url":"http://<gisserver.domain.com>:6080/arcgis/rest/services/SampleWorldCities/MapServer",}],"exportOptions":{"outputSize":[1400,1000],"dpi":96}}

以下の例は、Sample World Cities マップ サービスを使用するように構成されています。

http://<gisserver.domain.com>:6080/arcgis/rest/services/SampleWorldCities/MapServer
  1. タスクを実行します。

関連情報

更新日時: 7/29/2021

記事 ID: 000012690

ソフトウェア: ArcGIS GIS Server 10.1 ArcGIS Server 10.9, 10.8.1, 10.8, 10.7.1, 10.7, 10.6.1, 10.6, 10.5.1, 10.5, 10.4.1, 10.4, 10.3.1, 10.3, 10.2.2, 10.2.1, 10.2, 10.1, 10