日本語

操作手順: シェープファイルを KML に変換

概要

KML は、グラフィック データと関連するコンテンツを格納するための XML ベースの形式です。 KML ファイルの拡張子は、*.kml または *.kmz (圧縮 KML ファイルの場合) です。 KML の詳細については、Web ヘルプ ドキュメント「KML とは」をご参照ください。

手順

以下の手順は、シェープファイルを KML ファイルに変換する方法を示しています。

  1. ArcMap を起動します。
  2. [ジオプロセシング] タブをクリックし、[ArcToolbox] をクリックして [ArcToolbox] ウィンドウを開きます。
    [O-Image]
  3. [変換ツール] を展開します。
  4. [KML へ変換] を展開します。
    [O-Image]
  5. 変換ツールのウィンドウを開くには、個々のシェープファイルに対して [レイヤー → KML (Layer to KML)] をダブルクリックするか、圧縮された KML ファイルに対して [マップ → KML (Map To KML)] をダブルクリックします。
  6. [レイヤー] ドロップダウン ボックスで、目的のシェープファイルを選択するか、目的のシェープファイルをボックスにドラッグ アンド ドロップします。
    [O-Image]
  7. KML ファイルの保存場所を指定します。
  8. [OK] をクリックします。

関連情報