日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

操作手順: ArcGIS Online のフィーチャ サービスの最大レコード数を更新する

概要

ホスト フィーチャ サービスでデータをクエリする場合、または ArcMap 用にホスト フィーチャ サービスのローカル コピーを作成する場合にアクセス可能なフィーチャ数を決定するには、maxRecordCount プロパティが使用されます。 maxRecordCount のデフォルト値は 1000 です。

REST エンドポイントのフィーチャ サービスの最大レコード数は、maxRecordCount 値を増やすことで変更できます。

注意: 現在、Web マップに表示されるフィーチャ数は、maxRecordCount によって決定されません。 この記事では、REST からクエリしたり、ArcMap でサービスのローカル コピーを作成したりするために maxRecordCount を増やす方法について説明します。

ここに示すのは、ArcGIS Online の REST エンドポイントでフィーチャ サービスの最大レコード数を更新、または変更する手順です。

注意: サービスに複数のレイヤーがある場合は、レイヤーごとにパラメーターを更新しなくてはならないことがあります。
注意: 最大レコード数は、1 つのリクエストで返すことのできるフィーチャの最大数を決定します。 サービスで設定された値が大きすぎると、クライアントは 1 つのリクエストですべてのデータを要求しようとします。この場合、データの生成に時間がかかり、大量のデータがインターネット上で送信されることになります。

手順

このワークフローを使用する前に、フィーチャ サービスがパブリックに共有されていないことを確認します。

  1. 管理者の認証情報を使用して www.arcgis.com にログインします。
  2. [マイ コンテンツ] をクリックし、対象のフィーチャ サービスに移動します。 フィーチャ サービスを開きます。
注意: ArcGIS REST Administrator Directory へのアクセス時に、エラー "There are no services available" が返された場合は、ホスト フィーチャ サービスがすべての人 (パブリック) と共有されています。
  1. フィーチャ サービスのアイテム詳細ページで、[レイヤー] の下の目的のフィーチャ レイヤーを選択します。
フィーチャ サービスのアイテム詳細ページのサブレイヤーを示す画像。
  1. フィーチャ レイヤーの詳細ページの右側で、[URL] セクションの [表示] をクリックします。
URL の横にある [表示] ボタンをクリックして、レイヤーの ArcGIS REST Services Directory を表示します。
  1. 以下のように、ブラウザーのアドレス バーで URL の「rest」と「services」の間に「admin」を挿入します。
https://services.arcgis.com/xxxx/arcgis/rest/admin/services/Layername/FeatureServer/0
注意: URL の末尾の数字はゼロの場合とそうでない場合があります。
  1. Enter キーを押して、新しいページにアクセスします。
  2. ページの下部にスクロールして、[Update Definition] をクリックします。
  3. [lastEditDate] キーの値を「null」に変更します。
lastEditDate を null に設定した状態の画像
  1. [maxRecordCount] パラメーターを検索します (Ctrl + F キーを押し、「maxRecordCount」を検索)。 値を目的のレコード数に変更します。
[Update maxRecordCount] の図
  1. [Update Layer Definition] をクリックします。

この例では、REST からクエリしたり、ArcMap でサービスのローカル コピーを作成したりするときに、最大で 2000 個のフィーチャを返せるようになります。

関連情報

更新日時: 7/6/2022

記事 ID: 000012383

ソフトウェア: ArcGIS Online Current