日本語

操作手順: ArcMap でのデータ フレームの回転

概要

ArcMap では、データ ビューとレイアウト ビューの 2 つの方法でマップを表示することができます。 それぞれのビューには同じ情報が表示されますが、対話操作の方法が異なります。ただし、データ フレームの方向を操作できます。

以下の手順は、データ フレームの回転方法を示しています。

手順

データ フレームを回転する方法は 3 つあります。

オプション A – [データ フレーム プロパティ] の使用

1. [データ フレーム プロパティ] に移動します。 [データ フレーム プロパティ] ダイアログ ボックスを開く方法は 3 つあります。

a) [表示] メニューをクリックして、[データ フレーム プロパティ] を選択します。
[O-Image]
b) [コンテンツ] ウィンドウで、データ フレーム レイヤーをダブルクリックします。
[O-Image]
c) [コンテンツ] ウィンドウ で、データ フレーム レイヤーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
[O-Image]

2. [データ フレーム プロパティ] ダイアログ ボックスで、[一般] タブをクリックします。

3. [回転] ボックスに回転角度を入力して、[OK] をクリックします。 この新しい回転角度が設定された状態で、データ フレームが更新されます。
[O-Image]

オプション B と C – [データ フレーム ツール] の使用

1. [カスタマイズ] メニューをクリックします。

2. [ツールバー] → [データ フレーム ツール] の順に移動して、ツールバーを有効にします。
[O-Image]

[データ フレーム ツール] ツールバーのいずれかのツールを使用して、データ フレームを回転します。

データ フレームの回転

1. [データ フレーム ツール] ツールバーの [データ フレームの回転] ボタンをクリックします。 ツールがアクティブになります。
[O-Image]
2. データ フレームをクリックし、マウスの左ボタンを押しながらカーソルを動かすことで、データ フレームを回転させます。
[O-Image]
データ フレームの回転角度

[データ フレームの回転角度] ドロップダウン ボックスで回転角度を入力し、データ フレームを特定の角度に回転させます。
[O-Image]

関連情報