日本語

FAQ: ArcMap でヒート マップはどのように作成できますか?

質問

ArcMap でヒート マップはどのように作成できますか?

答え

ヒート マップはマップ上のフィーチャの地理的な密度を表します。 エリアの色表示によってこれらのポイントを表し、レイヤーに多数のフィーチャが存在する場合に役立ちます。

ArcMap でヒート マップを作成するには、まずフィーチャを含むレイヤーを作成してから、[Spatial Analyst] ツールボックスの密度ツールセットか、[空間統計] ツールボックスのクラスター分析のマッピング ツールセットのいずれかのツールを使用します。

[Spatial Analyst] ツールボックスの [点密度 (Point Density)]、[線密度 (Line Density)]、または [カーネル密度 (Kernel Density)] ツールを使用して、フィーチャの密度を計算し、ヒート マップを作成します。

点密度 (Point Density)
[点密度 (Point Density)] ツールは、各ラスター セルの周りにあるポイント フィーチャの密度を計算します。 概念上、各ラスター セルは近傍として定義されており、近傍のサイズと形状は調整可能です。 詳細については、ArcGIS ヘルプ「点密度 (Point Density) の仕組み」をご参照ください。

線密度 (Line Density)
[線密度 (Line Density)] ツールは、各出力セルの周囲の半径の範囲内にあるライン フィーチャの密度を計算します。 線密度は、各ラスター セルの周囲に描画された概念上の円形の近傍を基準として計算されます。 詳細については、ArcGIS ヘルプ「線密度 (Line Density) の仕組み」をご参照ください。

カーネル密度 (Kernel Density)
[カーネル密度 (Kernel Density)] ツールは、アルゴリズムを使用して、各近傍の周囲のポイント フィーチャの密度を計算します。 アルゴリズムはデフォルトの検索範囲 (帯域幅) を決定します。これにより、高密度ポイントの重み付けが改善し、出力が滑らかになります。 このツールの詳細については、ArcGIS ヘルプ「カーネル密度 (Kernel Density) の詳細」をご参照ください。

注意:
どのツールを使用する場合でも、分類方法の選択が重要です。ヒート マップの結果に重大な影響を与える可能性があるからです。 データと調査の目的に最も適した分類方法を選択することが重要です。 分類方法の詳細については、ArcGIS ヘルプ「等級シンボル用の数値フィールドの分類」をご参照ください。

または、[空間統計] ツールボックスのクラスター分析のマッピング ツールセットにある [クラスター/外れ値分析 (Cluster and Outlier Analysis (Anselin Local Moran's I))][ホット スポット分析 (Hot Spot Analysis (Getis-Ord Gi*))][最適化ホット スポット分析 (Optimized Hot Spot Analysis)] を使用してヒート マップを作成することもできます。 [最適化ホット スポット分析 (Optimized Hot Spot Analysis)] ツールを使用できるのは ArcGIS for Desktop 10.2 以降のみです。

注意:
その他の Esri 製品 (ArcGIS Runtime SDK for WPF、ArcGIS for SharePoint、ArcGIS API for JavaScript、Esri Maps for IBM Cognos など) にもヒート マップを作成できる機能が備わっています。

Related Information