日本語

問題: KML への変換後に Google Earth にラベルが表示されない

説明

[マップ → KML (Map To KML)] または [レイヤー → KML (Layer to KML)] ツールを使用して個別または複数のポリゴンまたはラインを変換して表示しようとすると、ポリゴンまたはラインのラベルが Google Earth に表示されません。
[O-Image] Google Earth KMZ no labels

原因

これは既知の制限事項です。 Google Earth にはポイント フィーチャのラベル (プレースマーク) のみが表示されます。 ライン フィーチャまたはポリゴン フィーチャのラベルを Google Earth で表示するには、ArcMap でこれらのフィーチャクラスの中点または重心をポイント レイヤーとして作成し、独立したレイヤーとして Google Earth にインポートする必要があります。

注意:
KML は WGS84 座標系と、計測単位にメートルを使用します。 KML の作成時、すべての標高値はメートルと想定されます。

解決策または対処法

オプション A

Advanced ライセンスで、[フィーチャ → ポイント (Feature to Point)] ツールを使用します。

1. [フィーチャ → ポイント (Feature to Point)] ツールを使用して、ラインまたはポリゴン データ用のポイントを作成します。 ポリゴン/ライン レイヤーを入力フィーチャとして使用して、出力フィーチャクラスの場所を決定します。 [OK] をクリックします。
2. 目的のフィールドを含むポイント フィーチャクラスをラベリングします (レイヤーを右クリックして、[ラベル フィーチャ] を選択します)。

注意:
[ラベル フィールド] を変更するには、[レイヤー プロパティ] の [ラベル] タブに移動します。

3. [マップ → KML (Map To KML)] ツールを使用して、データを KML または KMZ ファイルに変換します。これで Google Earth に表示できるようになります。

オプション B

Basic および Standard ライセンスでは、[フィーチャ → ポイント (Feature to Point)] ツールにアクセスできません。 第 2 のオプションとして、次の手順を実行します。

1. ポリゴン レイヤーの属性テーブルを開き、経度と緯度の 2 つのフィールドを追加します ([テーブル オプション] → [フィールドの追加])。 フィールドが [Double] に設定されていることを確認します。
2. [経度] フィールドを右クリックして、[ジオメトリ演算] → [重心の X 座標] の順に選択します。
3. [緯度] フィールドを右クリックして、[ジオメトリ演算] → [重心の Y 座標] の順に選択します。
4. 属性テーブルを新しいファイルにエクスポートします。 [テーブル オプション] → [エクスポート] の順にクリックします。 [コンテンツ] ウィンドウにテーブルを追加します。
5. テーブルを右クリックして [XY データの表示] を選択します。
6. X フィールドと Y フィールドを指定します。
7. イベント レイヤーを保存するには、対象のイベント レイヤーを右クリックして、[データ] → [データのエクスポート] の順に選択し、シェープファイルまたはフィーチャクラスとしてエクスポートします。
8. 目的のフィールドを含むシェープファイルまたはフィーチャクラスをラベリングします。
9. [マップ → KML (Map To KML)] ツールを使用して、データを KML または KMZ ファイルに変換します。これで Google Earth に表示できるようになります。
[O-Image]

関連情報