日本語

問題: Chrome-Twitter および一般情報 Web アプリケーション テンプレートで Twitter にアクセスできません。

説明

ArcGIS Online Web アプリケーション テンプレートでは、Web マップの共有やジオロケーションされたツイートの表示を行うソーシャル メディア プラットフォームである Twitter 機能を使用できません。 場合によっては、Twitter アイコンが無効か表示されない、あるいは Twitter にログインできないこともあります。

Twitter 機能を備えた ArcGIS Online Web アプリケーション テンプレートは Chrome-Twitter および一般情報テンプレートです。

注意:
Social Media Web アプリケーション テンプレートは廃止されました。

原因

この問題にはいくつかの原因が考えられます。

  • Internet Explorer で Cookie が有効になっていないため、Web アプリケーション テンプレートが Twitter の OAuth 認証キーを保存できない。
  • セキュリティ保護された Web マップ サービスが使用されている。
  • 組織でセキュア ソケット レイヤー (SSL) が有効になっている。
  • 組織外にコンテンツを共有するオプションが、組織のセキュリティ設定で無効になっている。
  • ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの設定により、接続が妨げられている。

解決策または対処法

この問題を解決するにはいくつかの方法があります。

  • arcgis.com、esri.com、および Esri の関連サイトの cookie を許可するようブラウザーを設定します。 特定のサイトの cookie を許可する方法については、下記の「cookie のブロックまたは許可」をご参照ください。
  • セキュリティ保護された Web マップを使用している場合は、ArcGIS Online の参照元 URL または IP アドレスを設定します。 詳細については、「ArcGIS ヘルプ トピック: ArcGIS Server Web サービス」をご参照ください。
  • 組織の SSL を無効にします。 組織の SSL を無効にする手順については、「ArcGIS ヘルプ ドキュメント トピック: セキュリティ設定の構成」をご参照ください。
  • 組織外部とコンテンツを共有するオプションを有効にするには、[組織] → [サイト設定] → [セキュリティ] → [共有と検索] の順に選択し、[組織サイト外へのコンテンツ共有を許可します] オプションの横のチェックボックスをオンにします。
  • Twitter との ArcGIS Online 接続を許可するよう、ファイアウォールまたはプロキシ サーバーの設定を構成します。ファイアウォールのホワイトリストに、arcgis.com、arcgisonline.com、esri.com、または Esri の関連ドメインを追加します。

関連情報