日本語

操作手順: SQL Server で [エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ジオプロセシング ツールを使用した SDE スキーマ ジオデータベースの作成

概要

ArcToolbox の [エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ツールは、既存のデータベースを受け取り、ジオデータベースのシステム テーブル、ストアド プロシージャ、関数、およびタイプをそのデータベース内に作成することができます。 このプロセスでは、Microsoft SQL Server で作成されたエンタープライズ データベースを、ArcGIS で使用するためのエンタープライズ ジオデータベースに変換することができます。

SDE ユーザーによって所有されたスキーマが存在する必要がある場合、下記では、適切な権限を使用してデータベース内の SDE ログイン/ユーザーを設定し、その後、特定の SDE ユーザーとしてデータベースに接続し、[エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ツールを実行することによって、そのような設定を行う手順について説明します。

注意: このプロセスを実行するには、ArcGIS クライアント用の SQL Server DBMS クライアントをインストールする必要があります。 SQL Server DBMS クライアントは、My Esri からダウンロードできます。

手順

既存のデータベースを使用するか、SQL Server Management Studio で新しいデータベースを作成します。

  1. [データベース] を右クリックして [新しいデータベース] をクリックします。
  1. [New Database] ダイアログで、[General] を選択します。
  1. [Select a page] の下で [Options] をクリックし、詳細ウィンドウの [Miscellaneous] で、必ず次のように設定します。
    • [Allow Snapshot Isolation] を [True] に設定する
    • [Is Read Committed Snapshot On] を [True] に設定する
 
  1. SDE ログインを作成して (インスタンスでまだ作成されていない場合)、ステップ 1 で作成したデータベースにマッピングし、SDE ユーザーをデータベース内に作成します。
注意: ログインをユーザーのデータベースに追加/マッピングする場合、ユーザー名およびデフォルト スキーマが一致することを確認してください。
[O-Image]
注意: インスタンスで SDE ログインがまだ作成されていない場合、processadmin のサーバー ロールを SDE ログインに必ず追加してください。
  1. データベースのプロパティを開き、権限ページを調べ、適切な権限を SDE ユーザーに付与します。
    1. 関数の作成
    2. プロシージャの作成
    3. テーブルの作成
    4. ビューの作成
    5. データベースの状態の表示
    6. ビュー定義
[O-Image]
注意: SQL Server Management Studio で、この新規作成されたデータベースに対する権限を SDE ユーザーに付与するには、下記のスクリプトを使用します。
use [SQL Server データベース名] GO GRANT CREATE FUNCTION TO [sde] GO use [SQL Server データベース名] GO GRANT CREATE PROCEDURE TO [sde] GO use [SQL Server データベース名] GO GRANT CREATE TABLE TO [sde] GO use [SQL Server データベース名] GO GRANT CREATE VIEW TO [sde] GO use [SQL Server データベース名] GO GRANT VIEW DATABASE STATE TO [sde] GO use [SQL Server データベース名] GO GRANT VIEW DEFINITION TO [sde] GO
  1. ArcCatalog で、新規作成された SQL Server データベースに SDE ユーザーとして接続します。
    [O-Image]
  2. [エンタープライズ ジオデータベースの有効化 (Enable Enterprise Geodatabase)] ジオプロセシング ツールに移動し、SDE 接続および適切な認証ファイルを使用します。
    • ウィザードを使用して ArcGIS for Server を認証するときは、ソフトウェアがインストールされているサーバーにキーコード ファイルが書き込まれます。
    • Linux ボックス上で ArcGIS for Server が認証された場合、このキーコード ファイルは次の場所に作成されています。
/arcgis/server/framework/runtime/.wine/drive_c/Program Files/ESRI/License<リリース>/sysgen
  • Windows サーバー上で認証された場合、このファイルは次の場所に作成されています。
..\Program Files\ESRI\License<リリース>\sysgen
  • このファイルをまだ作成していない場合には、ArcGIS for Server を認証して作成します。
[O-Image]
注意: ジオデータベース以外に接続している場合、データベース接続を右クリックして [ジオデータベースの有効化] をクリックすることで、このツールにアクセスできます。
[O-Image]

関連するすべてのシステム テーブル、ストアド プロシージャ、関数、およびタイプが、SDE スキーマによって所有されるようになりました。
[O-Image]
[O-Image]
 

関連情報

更新日時: 5/7/2020

記事 ID: 000011998

ソフトウェア: Legacy Products ArcMap 10.8, 10.7.1, 10.7, 10.6.1, 10.6, 10.5.1, 10.5, 10.4.1, 10.4, 10.3.1, 10.3, 10.2.2, 10.2.1, 10.2, 10.1, 10