日本語

FAQ: シェープファイルとレイヤー ファイルの違いは何ですか?

質問

シェープファイルとレイヤー ファイルの違いは何ですか?

答え

シェープファイル (*.shp) は、地理フィーチャの場所、形状、および属性を格納するベクター データ格納形式です。 シェープファイルは一連の関連ファイルに格納され、1 つのフィーチャクラスを含みます。

レイヤー ファイル (*.lyr) は、ソース データセットへのパスと、シンボルを含む他のレイヤー プロパティを格納するファイルです。

シェープファイルと比較すると、レイヤー ファイルは、シェープファイルやフィーチャクラスなどの実際のデータへのリンク/参照にすぎません。 つまり、データの属性やジオメトリが格納されないため、実際のデータではありません。 レイヤー ファイルには、主として、フィーチャのシンボルと他のレイヤー プロパティ (データが GIS アプリケーションで表示されたときの表示内容に関連している) が格納されます。

たとえば、レイヤー ファイルが、ファイルの作成元のデータが存在しない別のコンピューター上のユーザーに送信された場合、ファイルはソース データを含んでいないため、マップ上に表示されません。 データが適切に表示されるようにするには、レイヤー ファイルに加えて、レイヤー ファイルで参照されているシェープファイルを保持する必要があります。

このようなときは、データの移行処理を容易にするためにレイヤー パッケージを利用できます。レイヤー パッケージにはレイヤー ファイルとソース データの両方が格納されているためです。 レイヤー パッケージの詳細については、Web ヘルプ トピック「レイヤーおよびレイヤー パッケージの保存」をご参照ください。

Related Information