日本語

操作手順: 既存のフィールドのデータ タイプの変更

概要

以下の手順は、あるデータ タイプのフィールドを目的のデータ タイプのフィールドに変換する方法を示しています。

手順

機能が限定された特定のデータ タイプのフィールドに属性が格納されていることがあります。たとえば、算術関数はテキスト フィールドに対して実行できません。整数では小数点が保存されないからです。 フィールドのデータ タイプは変更できませんが、同じ結果が得られる方法があります。

  1. ArcMap で、修正対象のテーブルを含むフィーチャクラスの名前を右クリックして、[属性テーブルを開く] を選択します。
  2. 属性テーブルで、[オプション] ボタンをクリックして [フィールドの追加] を選択します。 新しいフィールドの名前を入力します。データ タイプとそのプロパティを設定します。 [OK] をクリックします。
  3. 新しいフィールドを右クリックして [フィールド演算] を選択します。 データ タイプを変更するフィールドの名前をダブルクリックします。 [OK] をクリックします。
    注意:
    テキスト フィールドから数値データ タイプのフィールドへの変換時には、テキストには数値以外の文字 (小数点を除く) が含まれないようにする必要があります。

  4. 新しいフィールドには以前のフィールドにあったデータが格納され、別のデータ タイプで保存されます。 必要に応じて、古いフィールドを削除します。

関連情報