日本語

操作手順: ArcView および ArcEditor でポリゴンの重心を特定してポイントに変換する

概要

以下の手順では、ArcView および ArcEditor のライセンスを使用してポリゴンの重心を見つけ、それらをポイントに変換する方法について説明します。

手順

  1. XY 座標値に対応する 2 つの新しい Double フィールドをポリゴン フィーチャクラスの属性テーブルに追加します。
  2. [X フィールド] を右クリックして、[ジオメトリ演算] をクリックします。
  3. [プロパティ] パラメーターで [重心の X 座標] を選択します。
  4. [座標系] パラメーターで [ソース] の [座標系] を選択します。
    注意:
    データ フレームの座標系がデータ ソースの座標系と異なる場合は、その座標系を使用することもできます。

  5. デフォルトの単位をそのまま使用します。
  6. [OK] をクリックします。
  7. [Y フィールド] を右クリックして、[ジオメトリ演算] をクリックします。
  8. [プロパティ] パラメーターで [重心の Y 座標] を選択します。
  9. [座標系] パラメーターで [ソース] の [座標系] を選択します。
    注意:
    データ フレームの座標系がデータ ソースの座標系と異なる場合は、その座標系を使用することもできます。

    座標系は、X 座標に対して選択した座標系と同じである必要があります。
  10. デフォルトの単位をそのまま使用します。
  11. [OK] をクリックします。
  12. [オプション] → [エクスポート] の順にクリックして、新しいテーブルの出力場所を指定します。
  13. [はい] をクリックして、テーブルをマップ ドキュメントに追加します。
  14. [コンテンツ] ウィンドウで [ソース] タブをクリックして、新しいテーブルを表示します。
  15. そのテーブルを右クリックして、[XY データの表示] を選択します。
  16. ダイアログ ボックスの [X フィールド] および [Y フィールド] で、テーブルから X フィールドおよび Y フィールドを選択します。
  17. [編集] をクリックして、生成されるイベント レイヤーの空間参照を指定します。この空間参照は、同じ座標系およびポリゴン フィーチャクラスである必要があります。
  18. [OK] をクリックします。
  19. [コンテンツ] ウィンドウで新しいイベント レイヤーを右クリックして、[データ] → [データのエクスポート] の順にクリックします。
  20. 新しいファイルの名前と場所を指定します。