日本語
Continue in the app
Be The First To Get Support Updates
Want to know about the latest technical content and software updates?

バグ: PDF、EPS、AI、SVG へのエクスポート時に、ピクチャ シンボルの凡例パッチ、挿入された画像、およびオブジェクトの描画が失敗する

説明

画像またはオブジェクト (JPEG、BMP ファイル、または Excel スプレッドシートなど) が、デフォルト プリンターのデフォルトのページ サイズより大きいページ サイズで ArcMap レイアウトに挿入された場合、エクスポート時にそれらの描画が失敗するか、正しく描画されません。 エクスポート時に、ピクチャ マーカー シンボル、またはピクチャ塗りつぶしを含むエリアを適切にレンダリングできないこともあります。 エクスポート時に、Web マップ サービス レイヤーの凡例パッチの画素が粗くなったり、描画が失敗することもあります。

注意: ArcGIS バージョン 9.2 以降、[ビットマップ マーカー/塗りつぶし レイヤーをベクター化] を使用してベクターに変換されたピクチャ マーカー シンボルを、デフォルト プリンターのデフォルトのページ サイズ以外で適切にレンダリングできないこともあります。 さらに、挿入された EMF として描画される特定のカートグラフィック リプレゼンテーションが、この問題による影響を受ける可能性もあります。

原因

挿入されたオブジェクト、画像、または凡例パッチのページ サイズが、Windows のデフォルト プリンターのデフォルトのページ サイズ以外である場合、ArcMap によって使用される Windows GDI 描画呼び出しが、出力時にオブジェクトまたは画像を適切に描画しないことがあります。

対処法

ArcMap 表示エンジンの制限に起因する問題が発生した場合は特に、印刷とエクスポートに ArcGIS Pro を使用することを強くお勧めします。 具体的に言うと、ArcGIS Pro は、一部のユーザーが ArcMap で体験するグラフィカル デバイス インターフェイス (GDI) の制限による制約を受けません。 たとえば、ArcGIS Pro では、透過表示がネイティブにサポートされ、レイヤーのラスター化を防いでいます。 さらに、ArcGIS Pro では、レイアウト エレメントの透過表示もサポートされています。

注意: ArcGIS Pro では、Adobe Illustrator ファイルのエクスポートはサポートされていません。代わりに PDF または SVG を使用してエクスポートすることをお勧めします。

または、一部のプリンターでは、[ページ設定/印刷設定] ダイアログ ボックスで [プリンターの用紙設定を使用] を選択すると、この問題が軽減されます。 [プリンターの用紙設定を使用] オプションの使用方法の詳細については、「関連情報」セクションのリンクをご参照ください。

別の選択肢は、Windows のデフォルト プリンターのデフォルトのページ サイズを、エクスポートされているページ レイアウト以上のページ サイズに設定することです。 たとえば、マップ ドキュメントがタブロイド サイズ (17 x 22) である場合、ArcMap を開く前に、デフォルト プリンターのデフォルトのページ サイズを 17 x 22 以上に設定します。

  1. Windows の [スタート] → [コントロール パネル] → [デバイスとプリンター] に移動して、Windows の [デバイスとプリンター] ダイアログ ボックスを開きます。
  2. [プリンターと FAX] の下でデフォルト プリンターを右クリックすると、チェック マーク アイコンが表示されます。
  3. [印刷設定] を選択します。
  4. [用紙/品質] タブの [用紙オプション] の下で、目的のレイアウトの用紙サイズより大きい用紙サイズを選択します。 [OK] をクリックします。 [プリンターのプロパティ] ダイアログ ボックスの名前および外観は、プリンター/ドライバーおよび Windows のバージョンによって変わることがあります。
  5. ArcMap を起動してマップ ドキュメントを開き、再びエクスポートするか、印刷します。

関連情報

更新日時 : 5/6/2020

記事 ID: 000008590

Software: ArcMap 10.8, 10.7.1, 10.7, 10.6.1, 10.6, 10.5.1, 10.5, 10.4.1, 10.4, 10.3.1, 10.3, 10.2.2, 10.2.1, 10.2, 10.1, 10 ArcGIS Engine 9.3.1, 9.3, 9.2, 9.1, 9.0.1, 9.0, 10.8, 10.7.1, 10.7, 10.6.1, 10.6, 10.5.1, 10.5, 10.4.1, 10.4, 10.3.1, 10.3, 10.2.2, 10.2.1, 10.2, 10.1, 10