日本語

操作手順: データの空間参照、投影法、または座標系の特定

概要

GIS および CAD (Computer Aided Design) データは、空間参照情報のない状態で受信されることが頻繁にあります。 ArcMap の [リアルタイム投影変換] ユーティリティでは、データが ArcMap と適合するように投影法を定義する必要があるので、データの座標系を特定して定義する必要があります。

以下の手順は、データの空間参照、投影法、または座標系を特定する方法を示しています。

注意:
先に進む前に、「投影の基礎: GIS プロフェッショナルに必要な情報」の記事を確認することをお勧めします。

手順

データは次の 3 つのタイプの座標系のいずれかで作成できます。

· 地理座標系
· 投影座標系
· ローカル座標系

正しい座標系を特定するには、データセットの範囲を調べます。 そのデータセットの範囲情報に最適な座標系タイプを判定し、その特定のタイプの座標系に関連する記事にアクセスします。

  1. データセットの座標範囲を調べます。

    a. ArcMap を起動して、新しい空のマップを開きます。

    b. [データの追加] ボタンをクリックして、座標系が不明なデータを ArcMap に追加します。

    c. レイヤーの名前を右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[ソース] タブを選択します。

    d. [範囲] セクションで、[上]、[下]、[左]、[右] の位置の小数点以上の桁数をメモします。
    · 座標が負数の場合はマイナス (-) 記号を含めます。
    · 小数点以下の桁数は無視します。

    e. この情報を保存して、次に示すような地理座標系、投影座標系、ローカル座標系のプロパティと比較できるようにします。
  2. データセットの範囲の情報に最適な座標系のタイプを決定します。

    地理座標系
    地理座標系 (GCS) では、座標に 10 進表記の度単位を使用します。 これらの単位は、緯度や経度と呼ばれることがよくあります。

    度 (10 進) (DD) は角度で、この測定単位はよく GIS データに使用され、CAD データにはほとんど使用されません。

    円は 360 度なので、DD の座標の小数点以上の桁数が 3 桁を超えることはありません。

    X 座標は経度の値です。 北米のデータでは、経度の値は 0 ~ -180 の間の負数の値にする必要があります。 Y 座標は緯度の値です。 北米のデータでは、緯度の値は 0 ~ +90 の間の正数の値にする必要があります。
    下の図は、世界地図全体に経度 (X) および緯度 (Y) 座標の正数と負数の値が分布する様子を示しています。

    [O-Image] Decimal degree coordinates and signs
    10 進角度で表記した座標のデータは GCS にあるものです。 これらのデータは、膨大な数のさまざまな測地基準系で作成されます。 北米で最もよく使用される測地基準系は、北米測地基準 1927 (NAD 1927)、北米測地基準 1983 (NAD 1983)、World Geodetic Survey 1984 (WGS 1984) です。 地理座標系のデータの座標系を定義するには、正しい GCS を選択する必要があります。
    データセットの範囲の情報が地理座標系に属しているように見える場合は、「私のデータにはどのような地理座標系または測地座標系を使用すればよいですか?」をお読みください。


    投影座標系
    GIS データも CAD データも、投影座標系 (PCS) を使用して作成できます。 さまざまな単位と測地座標系を使用した多様な事前定義の投影座標系が ArcGIS と一緒にインストールされます。 米国で最もよく使用されている投影座標系は、State Plane とユニバーサル横メルカトル (UTM) です。

    ほとんどの場合、これらの座標系に投影されるデータは小数点以上 6 ~ 8 桁の範囲です。

    データセットの範囲の情報が投影座標系に属しているように見える場合は、「ArcMap を使用して不明な投影座標系を特定」または「バージョン 10.1 以上を使用して不明な投影座標系を特定する方法」の中からお手元の ArcGIS Desktop のバージョンに該当する記事をお読みください。

    ArcGIS for Desktop 10.1、10.2.x、または 10.3.x を使用している場合は、「ArcMap 10.1 以上で CAD データを適合させるためのカスタム投影ファイルを作成」をお読みください。


    ローカル座標系
    CAD データは、ローカル座標系で作成されることが頻繁にあります。

    地理座標系には、アフリカ西海岸沖で本初子午線と赤道が交差する位置に原点 (0,0 の座標) がありますが、ローカル座標系では地表上の任意の場所に原点 (0,0) を作成できます。

    データセットの範囲を小数点以上 3 ~ 5 桁にすると、ほとんどの場合はローカル座標系になります。

    注意:
    ローカル座標系の CAD データは、ArcMap でカスタム投影ファイルを作成することで、投影座標系にある他のデータに適合させることができます。

    データセットの範囲の情報がローカル座標系に属しているように見える場合は、「CAD データを適合させるためのカスタム投影を作成」をお読みください。

関連情報