日本語

操作手順: ArcMap を使用して不明な投影座標系を特定

概要

以下の手順は、メタデータまたは投影法の定義内に座標系情報が存在しないデータセットの投影座標系を、リアルタイム投影変換機能を使用して特定する方法を示しています。

座標系 (投影法) 情報はデータ ソースまたはプロバイダーから取得する必要がありますが、古いデータなどでは、この情報を入手できないことがあります。 次に説明する手法は、正しい投影座標系を特定するのに役立ちます。
 

注意:
「座標系」には 10 進緯度経度で表記される地理座標系(GCS)、またはメートルかフィートの距離単位の投影座標系があります。 投影または PRJ という古い用語もありますが、正確な表現ではありません。

手順

開始前に、「投影の基礎: GIS プロフェッショナルに必要な情報」をお読みください。 この記事には、さまざまな座標系に必要なパラメーターと、ArcMap の座標系の操作に関して役に立つ情報が含まれています。FAQ: 投影の基礎: GIS プロフェッショナルに必要な情報

  1. ArcMap を新しい空のマップで開始し、座標系が不明なデータをマップに追加します。 このデータは、PRJ ファイルや座標系の定義と関連付けられていない必要があります。
  2. [コンテンツ] ウィンドウでレイヤー名を右クリックし、[プロパティ] → [ソース] タブの順に選択して、データの範囲を調べます。

    [O-Image] Layer Properties >Source Tab
    座標が 10 進緯度経度で表記されている (経度が -180 ~ +180 で緯度が -90 ~ +90 など)場合は、データに使用されているのは地理座標系と判断されます。 バージョン 9.2 より前の ArcMap では、デフォルトで GCS_Assumed_Geographic_1 がデータに割り当てられます。 これによりデータは NAD_1927 測地座標系に配置されますが、ほとんどの場合これは誤っています。 FAQ: GCS_Assumed_Geographic_1 は座標系ですか?

    ArcGIS Desktop バージョン 9.2 以降では、データにデフォルトの座標系が割り当てられることはありません。 問題: GCS_Assumed_Geographic_1 と定義したシェープファイルが不明だと表示され、定義が無効になる

    データがアメリカ国内のもので、整数部が 6 ~ 8 桁の座標系の範囲を示す場合、データはおそらく State Plane または UTM 座標系に投影されます。
  3. 座標系が不明なデータが米国内に位置する場合は、次に示す比較データを ArcMap に追加します。

    ArcGIS 8.x
    <ドライブ文字>\arcgis\arcexe8x\Reference System フォルダーに移動して、USSTPLN83.SHP ファイルを ArcMap に追加します。

    ArcGIS 9.x
    <ドライブ文字>\Program Files\ArcGIS\Reference Systems に移動して、USSTPLN83.SHP ファイルを ArcMap に追加します。

    ArcGIS 10.0
    <ドライブ文字>\Program Files\ArcGIS\Desktop 10.0\Reference Systems に移動して、USSTPLN83.SHP ファイルを ArcMap に追加します。 64 ビット オペレーティング システム搭載のコンピューターの場合、インストール フォルダーは Program Files(x86) になります。
    注意:
    元のデータと新しく追加したシェープファイルは、同じ場所には表示されません。

    USSTPLN83.SHP の画像を表示するには、このリンクをクリックします。
    [O-Image] View of USSTPLN83.SHP
  4. A. [表示] → [データ フレーム プロパティ] → [座標系] タブの順にクリックします。
    B. [座標系の選択] というラベルの付いた下のウィンドウで、[定義済み] → [投影座標系] → [State Plane] の順にクリックします。
    C. データを配置する必要がある State Plane FIPS ゾーンを選択して座標系を割り当てます。 次に示すフォルダーから適切な投影情報ファイルを選択します。 これより後の ArcGIS Desktop のバージョンでは、これ以外のフォルダーも追加されています。

    ArcGIS 8.x
    NAD 1927
    NAD 1983 (記述子なし、単位はメートル)
    NAD 1983 (フィート)
    NAD 1983 HARN

    ArcGIS 9.0、9.1
    NAD 1927
    NAD 1983 (記述子なし、単位はメートル)
    NAD 1983 (フィート)
    NAD 1983 (国際フィート)
    NAD 1983 HARN
    NAD 1983 HARN (フィート、国際および米国)

    ArcGIS 9.2、9.3、9.3.1
    NAD 1927
    NAD 1983 (記述子なし、単位はメートル)
    NAD 1983 (フィート)
    NAD 1983 (国際フィート)
    NAD 1983 HARN (フィート、国際および米国)
    NAD 1983 HARN

    ArcGIS 10.0
    NAD 1927 (米国測量フィート)
    NAD 1983 (CORS96)(国際フィート)
    NAD 1983 (CORS96)(メートル)
    NAD 1983 (CORS96)(米国測量フィート)
    NAD 1983 (国際フィート)
    NAD 1983 (メートル)
    NAD 1983 (米国測量フィート)
    NAR 1983 HARN (国際フィート)
    NAD 1983 HARN (メートル)
    NAD 1983 HARN (米国測量フィート)
    NAD 1983 NSRS2007 (国際フィート)
    NAD 1983 NSRS2007 (メートル)
    NAD 1983 NSRS2007 (米国測量フィート)
    その他の GCS
    注意:
    米国測量フィート (foot_us) は、正確に 1200/3937 メートル (0.3048006096012192.... メートル) と定義されています。
    国際フィート (foot) は、正確に 0.3048 メートルと定義されています。

    D. 投影ファイルの選択後、[適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
    E. USSTPLN83.SHP ファイルがその場所に合致し、座標系が不明なデータが適切な州の正しい地域に表示されるまで、使用可能なフォルダーのさまざまな State Plane 投影ファイルを繰り返し割り当てていきます。
    F. データが描画された州でレイヤーを拡大し、[個別属性] ツールを使用して、正しい場所を確認します。

    ArcGIS 9.x
    アラスカ、カリフォルニア、ジョージア、アイダホ、ミシガン、ミネソタ、オレゴン、テキサス、ウィスコンシンといった州に対する追加の座標系が使用可能になっています。 9.3 では、フロリダ州とミシシッピ州に対する州規模の投影が追加されています。 これらの投影座標系は、[投影座標系] の County Systems、National Grids、または State Systems フォルダーで見つけることができます。 データがこれらの州のいずれかにある場合、その州または郡の特定の投影も考慮に入れてテストする必要があります。

    座標系をデータ フレームに割り当てると、次の警告メッセージが表示されることがあります。

    ArcMap 8.x、9.0、9.1 の警告

    [O-Image] ArcMap 8.x, 9.0, 9.1 Warning dialog

    8.X、9.0、9.1 で上のメッセージが表示された場合は、[表示] → [データ フレーム プロパティ] → [座標系] タブ → [座標変換] の順にクリックします。

    ArcMap バージョン 9.2/9.3/9.3.1/10.0 の地理座標系の警告

    [O-Image] ArcMap Geographic Coordinate Systems Warning dialog 9.2

    上の警告が表示された場合は、[変換...] をクリックします。

    すべてのバージョンについて、[使用...] ボックスで適切な変換方法が適用されていることを確認してください。 サポートされている測地座標系の変換方法とそれぞれが使用される地域のリストにアクセスするには、下の「関連情報」セクションにある「測地基準系間の投影時の正しいジオグラフィック (測地基準系) 変換の選択」をご参照ください。
    H. State Plane オプションのいずれかを使用してデータが正しく配置された場合には、ステップ 6 に進みます。 そうでない場合は、ステップ 5 に進みます。
  5. State Plane オプションのテスト後にデータが正しく配置されない場合は、次の手順を実行します。

    A. UTM フォルダーを開きます。
    B. ステップ 4 の A ~ F と同じ手順を実行します。 不明なデータの正しい UTM ゾーンを次の測地座標系から選択します。これらは米国で最もよく使用されているものです。

    NAD 1927
    NAD 1983
    WGS 1984
    注意:
    米国本土の NAD 1983 測地基準系での UTM メートルの座標と、WGS 1984 測地基準系での同じポイントの座標間の距離は、1 メートル未満です。
    
    NAD 1983 測地基準系に基づく UTM 座標系のデータは、NAD 1972 測地基準系に基づく同じデータのおよそ 200 メートル北に位置します。 これら 2 つの測地基準系間では、東西にわずかにずれが生じる可能性がありますが、北に 200 メートルほどの誤差があることがわかります。
    
    200 メートルの誤差は、比較的軽度です。したがって、UTM 投影におけるデータの正しい測地基準系が NAD 1927 か NAD 1983 かを判断するには、正確な比較データを使用することが不可欠です。
  6. 正しい座標系が見つかった場合は、次の手順を実行します。

    A. パスと名前を書き留めます。
    B. データの座標系を定義する手順に関する既知の技術情報記事をご参照ください。
    FAQ: 投影の基礎: GIS プロフェッショナルに必要な情報
    C. 座標系を特定して定義すると、正しい測地基準変換が指定されている限り、データは ArcMap セッションに追加された他のデータに合わせて表示されます。
  7. 上記の手順で ArcMap のデータが正しく配置されない場合、そのデータはカスタム座標系で表されます。 ArcMap でカスタム投影ファイルを作成して、不明な座標系のデータを適合させることができます。

    追加情報については、Esri Press から出版されている『Lining Up Data in ArcGIS: A Guide to Map Projections』という書籍をご参照ください。 詳細な情報と手順については、下の「関連情報」セクションのリンクをクリックしてください。

    さらに支援が必要な場合は、米国国内のEsri サポート サービス (電話: 888-377-4575、または電子メール: support.esri.com) までお問い合わせください。

関連情報