日本語

エラー: システム クロックが過去の時間に戻されました。 この操作は許可されていません

エラー メッセージ

Esri ソフトウェア製品を起動すると、次のエラーが返されることがあります。

エラー:
システム クロックが過去の時刻に戻されました。 この操作は許可されていません。

原因

ライセンス マネージャー サーバーに未来の日付のファイルを配置すると、上記のエラー メッセージが表示されます。 システム クロックを過去に設定し、そのクロックを進めて現在の時刻に戻すことや、別のソースから未来の日付のファイルを取得することなどは、すべてこのエラーに該当する操作例です。
 

注意:
ユーザーが永続的ライセンスを持っている場合は、クロックを過去の時刻に戻してもこのエラーは表示されません。 この状態でもソフトウェアを起動できます。

解決策または対処法

 

  1. システム上の日付と時刻が正しいことを確認します。 AM や PM が正しく設定されていることも確認します。
    図 1: [日付と時刻のプロパティ] ダイアログ ボックス

    image of the Date and Time Properties dialog box
 
  1. タイム ゾーンが正しいことを確認するため、[日付と時刻のプロパティ] ダイアログを開きます。
 

Windows NT および 2000:

  1. [スタート] → [設定] → [コントロール パネル] → [日付と時刻] の順にクリックします。
  2. [タイム ゾーン] タブを選択します。

Windows XP:

  1. [スタート] → [コントロール パネル] → [日付と時刻] の順に選択します。
  2. [タイム ゾーン] タブを選択します。

Windows 7:

  1. [スタート] → [コントロール パネル] → [日付と時刻] の順にクリックします。
  2. [タイム ゾーン] で、[タイム ゾーンの変更] をクリックします。
  1. コンピューターを再起動して、ArcMap を起動します。問題が解決しない場合は、ステップ 4 に移動します。
  2. 非表示になっているファイルやフォルダーがないことを確認します。
注意:
該当のオペレーティング システムで非表示のファイル、フォルダー、ドライブを表示する方法については、 
Microsoft ヘルプ ドキュメントをご参照ください。
注意:
次のステップはバージョン 10 以降では必要ありません。 クロックを 
現在の日付と時刻に戻すことで、エラーが解決します。
  1. コンピューターのハード ドライブで、未来の日付のファイルを検索します。
注意:
ファイルを日付で検索する方法については、 
Microsoft ヘルプ ドキュメントをご参照ください。
注意:
このステップはバージョン 10 以降では必要ありません。 クロックを 
現在の日付と時刻に戻すことで、エラーが解決します。
警告:   
以下に示す手順には、オペレーティング システムの基本的な部分に対する変更が 
含まれています。 先へ進む前に、レジストリを含め、オペレーティング システムとファイルのバックアップを実行することを 
お勧めします。 必要に応じて、コンピューター システムの専門家に 
相談してください。 Esri では、これらの手順を実行するときに変更を誤った場合の結果について保証いたしません。 
したがって、十分に注意し、ご自身の判断で行ってください。
 
  1. 時刻/日付スタンプが現在のシステム時刻/日付よりも、4 時間を超えて進んでいるファイルとフォルダーをすべて削除します。 このためには、別のワークステーションへの移動や、アプリケーションの再読み込みなどが必要になり、システム ファイルの場合には、オペレーティング システムの再インストールが必要になることもあります。
 
注意:
他の代替策は存在するかもしれませんが、Esri テクニカル サポートが 
それらの使用を提示またはサポートすることはできません。 この記事の内容に関してさらに質問がある場合は、 
Esri テクニカル サポートにお問い合わせください。それ以外のご質問については、 
各地域の Esri の販売担当者にお問い合わせください。