日本語

FAQ: 最近隣内挿法、共一次内挿法、三次たたみ込み内挿法の違いは何ですか?

質問

最近隣内挿法、共一次内挿法、三次たたみ込み内挿法の違いは何ですか?

答え

最近隣内挿法、共一次内挿法、三次たたみ込み内挿法という 3 つのリサンプリング方法は、ジオメトリック操作の実行後に出力ラスターのセル値を決定する方法を決定します。 使用される方法は、入力データと、操作の実行後のそのデータの使用によって異なります。 最近隣内挿法は、土地利用分類や傾斜分類などのカテゴリ データに使用するのが最適です。 グリッドに入る値はまったく変化することなく、a 2 は a 2 のまま、99 は 99 のまま出てきます。 出力セルの値は、入力グリッドの最近隣セルの中央によって決定されます。 最近隣内挿法は連続データに使用できますが、結果がブロック状になる可能性があります。

共一次内挿法は、4 つの最近隣セルの中央の加重平均を使用します。 入力セルの中心が出力セルの中心に近いほど、その値が出力セル値に与える影響が大きくなります。 つまり、出力値は最近隣入力とは異なる可能性がありますが、常にその入力の値と同じ範囲内にあるということです。 値が変化するため、共一次内挿法をカテゴリ データに使用することはお勧めできません。 その代わり、標高値や生の傾斜値などの連続データに使用することが推奨されます。

三次たたみ込み内挿法では、出力に対して 16 の最近隣セルの中央を確認し、これらのポイントを通る滑らかなカーブの適合によって値を算出します。 この方法では、入力の値が変更されるだけでなく、出力値が入力値の範囲外になる場合もあります (サーフェス上に発生するシンクやピークを思い浮かべてください)。 この方法もカテゴリ データに使用することはお勧めできませんが、連続データのスムージングには優れた力を発揮します。