日本語

操作手順: Sentinel キーが接続され正しく応答していることの確認

概要

Sentinel キーはパラレルまたは USB ポートのハードウェア ドングルで、ユーザー ライセンスの生成に使用する一意の番号を提供します。 Sentinel キーは、Sentinel キーと Sentinel キー ドライバーが正しく通信している場合のみ番号を返します。

手順

  • Sentinel キーと Sentinel ドライバーが正しくインストールおよび実行されていることを確認するには、[スタート] → [プログラム] → [ArcGIS] → [ライセンス マネージャー] → [ハードウェア キー ステータスの表示] の順にクリックします。 ウィンドウに次のメッセージが表示されます。

    コード:
    Sentinel ドライバーがインストールされ実行されています。

    Sentinel ドライバー バージョン: PD-5.39

    ESRI_SENTINEL_KEY=37123456

    このメッセージが表示された場合、Sentinel ドライバーとキーは正しく機能しています。
  • ウィンドウが表示されない、空白のウィンドウが表示される、または

    コード:
    SuperPro ドライバーがインストールされ実行されているようです。
    ただし、ハードウェア キーがこのシステムのパラレル ポートに接続されていないようです。

    というメッセージが表示される場合は、キーがコンピューターの背面にしっかりと接続され、キーの背後に接続されている Zip ドライブ、プリンター、または Sentinel キーなどのデバイスが削除されていることを確認します。 これらのデバイスを削除した後、Sentinel キーの状態を再チェックして、キーが認識されているかどうか確認します。
  • ArcGIS 8.x は Sentinel キー ドライバー バージョン PD 5.38 以降を使用します。 最新バージョンの Sentinel ドライバーをダウンロードしてインストールします。

    A. 最新の Sentinel ドライバーを SafeNet Inc からダウンロードします。
    B. Windows セットアップ プログラムを実行します。 プロンプトが表示されたら、[アップグレード] を選択します。 プロンプトが表示されたら、必ずカスタム インストールを選択してください。

  • Sentinel ドライバーがバージョン PPD 5.38 以降で、Sentinel キーが別のデバイスと競合している場合、1 つのオプションは、2 つ目のパラレル ポート カードをインストールして 2 つ目のパラレル ポートを追加するか、USB キーを使用することです。 ESRI ハードウェア キーがプライマリのパラレル ポートに接続されていることを確認してください。
  • 複数のハードウェア キーがパラレル ポートに接続されている場合は、ESRI Sentinel キーをチェーンの最初に配置して、Sentinel キーのステータスを再チェックしてみます。
  • パラレル Sentinel キーの背後にプリンターが接続されている場合は、そのプリンターの電源をオンにして Sentinel キーのステータスを再チェックします。
  • パラレル Sentinel キーにデバイスを接続していないのに、[ハードウェア キー ステータスの表示] ウィンドウに Sentinel キーの番号とドライバー バージョンが返されない場合には、Sentinel キーの接続されていないパラレル ポートを使用して印刷を試してみます。 印刷されない場合は、パラレル ポートの構成に誤りがあるか、パラレル ポートに不具合があります。 システム管理者にお問い合わせいただき、パラレル ポートの通信を修正してください。
  • キーの最終的なテストは、キーとライセンス マネージャーを別の Windows システム上にインストールすることです。 ライセンス マネージャーのインストールの完了後、[ハードウェア キー ステータスの表示] を実行します。 Sentinel キーの番号が表示されない場合、Sentinel キーに不具合があると考えられます。 カスタマー サービスにお問い合わせいただき、新しいキーと交換してください。 新しいキーを受け取った後、カスタマー サービスに連絡して、新しい Sentinel キーの番号に基づいて新しいライセンス ファイルを入手します。

関連情報

更新日時: 10/4/2019

記事 ID: 000001800

ソフトウェア: Legacy Products