日本語
Continue in the app

ArcGIS Server 10.8.1 Utility Network Patch 4

概要

このパッチは、ArcGIS Enterprise 10.8.1 のユーティリティ ネットワークに伴ういくつかの機能面の問題に対処するとともに、サブネットワークの整合チェック、トレース、更新のパフォーマンス向上、および SQL Server エンタープライズ ジオデータベースの一般的なパフォーマンス強化も行います。

説明

Esri® から、ArcGIS Server 10.8.1 Utility Network Patch 4 についてお知らせします。 このパッチは、特にサブネットワークの整合チェックと更新における品質とパフォーマンスの向上に焦点を当てており、ArcGIS Enterprise 10.8.1 を使用しているすべてのユーティリティ ネットワーク ユーザーに推奨しています。 SQL Server エンタープライズ ジオデータベースのユーザーには、ストアド プロシージャと内部ロックの問題に対処するアップデートのメリットがもたらされます。 さらに、このパッチは特に「このパッチで対処される問題」の下に示された問題にも対処します。

重要な注意事項: SQL Server を向上するには、ジオデータベースのアップグレードが必要です。 ガイドについては、下記の「ジオデータベースのアップグレード」セクションをご参照ください。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000140539 - STIntersects() クエリで空間インデックスが使用されません
  • BUG-000140525 - ダーティ サブネットワークにトレースするときに、整合チェックの最適化を実装します。 層にサブネットワークが含まれていない場合は、ダーティとしてマークできるものが存在しないため、層をトレースしないでください。
  • BUG-000140449 - sde_process_information で排他的テーブル ロックによって接続がブロックされます。
  • BUG-000140443 - コンテンツ フィーチャを整合チェックすると、コンテナー フィーチャのすべての関連付けが更新されます
  • BUG-000140214 - ポスト操作の間、gdb_itemtypes で共有テーブルがロックされ、ポストが保留されます
  • BUG-000140030 - UUID ログ ファイルのテーブル結合を使用し、ブランチ クエリのパフォーマンスを向上させます。
  • BUG-000140013 - 複数の接続が sde_process_information テーブルと sde_table_locks テーブルで排他的ロックを保持していると、デッド ロックが生じることがあります。
  • BUG-000139968 - アップグレードすると、GDB_Locks テーブルで不正な条件付きインデックスが作成される場合があります。
  • BUG-000139833 - リコンサイルとポストの同時処理中に、SDE_branches および SDE_branch_tables_modified テーブルでデッドロックが発生する場合があります。
  • BUG-000139379 - 属性リレーションシップとブランチ バージョニングを含む特定のシナリオで、競合の伝播が不正に発生します。
  • BUG-000139299 - 有効になったネットワーク トポロジの編集パフォーマンス
  • BUG-000133185 - [ネットワーク トポロジの整合チェック] ツールが失敗し、「編集操作に失敗しました」エラー メッセージが返されます。 エラー:"
10.8.1 での競合を避けるため、このパッチは以下にも対処します。
  • BUG-000137346 - 中間テーブルがバージョン対応登録されていないときにリコンサイルを実行すると強制終了します。
  • BUG-000137139 - 始点/終点の globalid の関連付けを検出するクエリの分割によって UpdateAssociationInfo 関数が最適化されます。
  • BUG-000136979 - [ネットワーク トポロジの整合チェック (Validate Network Topology)] によって、大容量のメモリが誤って割り当てられるため、サーバーの SOC メモリ使用量に影響を及ぼしています。
  • BUG-000136930 - PostgreSQL データベースから取得したブランチ バージョン対応サービスでは、接続が中断されるとサービスが再起動されるまで DBMS エラーが発生します。
  • BUG-000136892 - ArcGIS Pro に -1 が返された場合、競合解決ダイアログで競合を正しく表示できません。
  • BUG-000136889 - エンタープライズ ジオデータベース 10.7.1 を 10.8.1 にアップグレードし、Next_RowID を取得するクエリを実行すると、エラー メッセージ [Msg 8144, Level 16, State 2, Procedure DBO.i13_get_ids, Line 0 [Batch Start Line 0] プロシージャまたは関数 i13_get_ids で指定された引数が多すぎます] が返されます。
  • BUG-000136296 - 長時間にわたるリコンサイルにより、Default バージョンの編集や、ブランチ バージョニングによる他のバージョンの編集がブロックされることがあります。
  • BUG-000136284 - マルチブランチとして登録されているデータを編集すると、SQL Server のジオデータベースでロック エスカレーションやシナリオのブロックが発生します。
  • BUG-000136107 - [サブネットワークの更新 (Update Subnetwork)] ツールが失敗し、エラー メッセージ「エラー 001400: サーバーは時間がかかり過ぎて応えることができませんでした。 クライアントはタイムアウトしました。 (ステータス コード 28)。 (UpdateSubnetwork) を実行できませんでした。」が返されます。
  • BUG-000135328 - ブランチ バージョンでリコンサイルが失敗し、「この OID を持つ行はすでに存在します」というエラー メッセージが表示されます。
  • BUG-000135117 - 地理座標系 (GCS) の空間参照ユーティリティ ネットワーク上でサブネットワークを更新すると、ラインが短いと 2 回目は失敗します。
  • BUG-000134954 - [バージョンのリコンサイル (Reconcile Versions)] ツールを使用して複数のバージョンをリコンサイルすると、ArcSOC.exe インスタンスが強制終了します。
  • BUG-000134950 - 関連先テーブルがバージョン対応登録されていないときにリコンサイルを実行すると強制終了します。
  • BUG-000134496 - [バージョンのリコンサイル (Reconcile Versions)] ツールを使用するときに、[競合が検出された場合は中止] パラメーターをオフにしても、セッションはリコンサイルを中止します。
  • BUG-000134378 - Oracle エンタープライズ ジオデータベースに対するパーセル ファブリック検索で、GUID 列の upper 関数が削除されます
  • BUG-000133698 - [エラーのみを生成] オプションをオンにしてトポロジを有効化にすると、エラーのダーティ エリアは消去されません。
  • BUG-000132887 - UN が GCS「GDA2020」にある場合、電気サブネット ラインと電線は重複しません。
  • BUG-000132751 - Oracle でエンタープライズ ジオデータベースを使用中、ブランチ バージョン対応クエリの SQL ステートメントが最適化されます
  • BUG-000132315 - 不要な "where 1=1" 項目をフィーチャ サービスのクエリから削除します
  • BUG-000130888 - 空のフィーチャクラスを登録する際に [ジオデータベースに登録 (Register With Geodatabase)] ツールが失敗します。
  • BUG-000130742 - Oracle でエンタープライズ ジオデータベースを使用している場合、ブランチ バージョン対応のページネーション クエリを最適化します

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチは、ArcGIS Server サイトに関連するすべての ArcGIS Server 製品にインストールする必要があります。

パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

  2. ArcGIS 10.8.1  
       
         ArcGIS Server ArcGIS-1081-S-UN4-Patch.msp
         チェックサム
         (SHA256)
    AFFACC045B1ECBB815A4194D2B15C33B2BAADFD5C47938AAA29639587809C060
       

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. ArcGIS-1081-S-UN4-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-1081-S-UN4-Patch.msp


Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして、以下のインストール手順を実施します。 インストール権限を持つユーザーは、arcgis フォルダーの所有者です。 このパッチは、ArcGIS Server サイトに関連するすべての ArcGIS Server 製品にインストールする必要があります。

パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    ArcGIS 10.8.1  
       
         ArcGIS Server ArcGIS-1081-S-UN4-Patch-linux.tar
         チェックサム
         (SHA256)
    4A9BC41D207926EE64FE60D04077D3CDAA0F3C7174A5C8DFA36D3BC9327BCA88
       

  2. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  3. 以下のように入力して、指定した tar ファイルを抽出します。

    % tar -xvf ArcGIS-1081-S-UN4-Patch-linux.tar

  4. 以下のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択内容は括弧 ( ) 内に記されます。 インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

ジオデータベースのアップグレード


ArcGIS のホットフィックスまたはパッチが適用されている場合、ジオデータベースもアップグレードする必要がある場合があります。 詳細については、各 DBMS プラットフォームの「ジオデータベースの管理」ページにある「ジオデータベースのアップグレード」セクションをご参照ください。

ヒント: ブランチ バージョニングの重要な修正を利用するには、Microsoft SQL Server に格納されたエンタープライズ ジオデータベースをアップグレードします。

ArcGIS Server をアップグレードするには、Python を使用する必要があります。 Windows または Linux で ArcGIS Server を使用する場合、ArcGIS Server のフレームワーク/ランタイム コンポーネントに付属する python.exe を使用して、適切な Python 3 環境にアクセスできます。 さらに、Windows では、Python 3 環境を起動するためのスクリプト バッチ ファイルがあります。

アップグレードを実行する場合、この Python 構文例を使用してスクリプトを作成し、スクリプトに script upgrade_gdb.py という名前を付けます。

import arcpy
Connection_File_Name_full_path="C:\\temp\\sysadmin_connection.sde"
arcpy.UpgradeGDB_management(Connection_File_Name_full_path, "PREREQUISITE_CHECK", "UPGRADE")

SQL Server でエンタープライズ ジオデータベースをアップグレードする方法については、ヘルプ トピック「SQL Server のエンタープライズ ジオデータベースのアップグレード」もご参照ください。

Windows で、Python 3 環境を使用し、アップグレード スクリプトを明示的に実行します。 ArcGIS Server がデフォルトの場所にインストールされている場合、スクリプトは次のいずれかのコマンドで実行できます。

"C:\Program Files\ArcGIS\Server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\scripts\propy.bat" C:\temp\upgrade_gdb.py
Or
"C:\Program Files\ArcGIS\Server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\envs\arcgispro-py3\python.exe" C:\temp\upgrade_gdb.py

Linux で、次のコマンドを使用して Python 3 環境を起動します。

source /<arcgis_server_installation_directory>/arcgis/server/framework/etc/arcenv
unset LD_PRELOAD
unset CONDA_DEFAULT_ENV

次のコマンドでアップグレード スクリプトを実行します。

wine "Z:\<arcgis_server_installation_directory>\arcgis\server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\envs\arcgispro-py3\python.exe" <path_To>\upgrade_gdb.py


Windows でのこのパッチのアンインストール


Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

Linux でのこのパッチのアンインストール


バージョン 10.7 以降でこのパッチを削除するには、<製品のインストール ディレクトリ>/.Setup/qfe ディレクトリに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール所有者として実行します。



./removepatch.sh

この removepatch.sh スクリプトを使用すると、以前にインストールされたパッチやホット フィックスをアンインストールできます。 インストール済みのパッチまたはホット フィックスについての日付順のリストを表示するには -s ステータス フラグを使用します。 インストールされた日付の新しいものから順に、-q フラグを使用してパッチまたはホット フィックスを削除できます。 使用方法のヘルプを表示するには「removepatch -h」と入力します。

ArcGIS サービスを再起動します。



パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

2021 年 12 月 2 日 このパッチの Windows セットアップが新しいデジタル署名で更新されました。 この変更により、次のインストール エラーに対処します。

現在のシステム クロックまたは署名されたファイルのタイムスタンプと検証したところ、必要な証明書は有効期間内にはありません。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、ご利用の環境にあった適切なバージョンの PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。