日本語
Continue in the app

ArcGIS Data Store 10.9 Reliability Enhancement Patch

概要

ArcGIS Data Store 10.9 Reliability Enhancement Patch を適用することで、リレーショナル、タイル キャッシュ、ビッグ データ ストアの一般的な信頼性が向上します。

説明

Esri® から、ArcGIS Data Store 10.9 Reliability Enhancement Patch についてお知らせします。 このパッチは、リレーショナル、タイル キャッシュ、ビッグ データ ストアの信頼性と可用性に伴う問題に対処します。 すべてのデータ ストア タイプの構成の一貫性の向上、ビッグ データ ストアのアップグレードの信頼性とデータ精度の向上、タイル キャッシュ データ ストアの高可用性構成の信頼性の向上を図ります。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000139644 - データ ソースで縮小が有効になっているときの正しいアロケーション。
  • BUG-000139643 - データ ストア構成時のディレクトリ権限整合チェック処理が向上します。
  • BUG-000139642 - listbackups コマンド ユーティリティをコーディネーター ノード以外のコンピューターで実行すると、バックアップの表示が失敗します。
  • BUG-000139641 - タイル キャッシュ データ ストアのフェイル オーバーが一貫して行われません。
  • BUG-000139639 - 六角形または正方形の集約を使用する場合、10.8.1 からアップグレードした後に、GeoEvent マップ サービスが正常にレンダリングされません。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.9 をインストールする必要があります。 どのコマンド ユーティリティも、ArcGIS Data Store コンピューター上で実行する必要があります。

  1. パッチをインストールする前に、backupdatastore コマンド ユーティリティを使用し、リレーショナル、タイル キャッシュ、ビッグ データ ストアのバックアップを作成します。

  2. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

    ArcGIS 10.9  
       
    ArcGIS Data Store ArcGIS-109-DS-RE-Patch.msp
         チェックサム
         (SHA256)
    89AD94A46CD7A00E8E69191B743A7F0BBB894D9DC5207A26D4546DE78A28023E
       

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. プライマリ スタンバイ モードで構成されたリレーショナルおよびタイル キャッシュ データ ストアの場合、まずプライマリ データ ストア コンピューターにパッチを適用してから、スタンバイに適用します。 クラスター モードで構成されたビッグ データ ストアとタイル キャッシュ データ ストアの場合は、パッチ適用の順序の指定はありません。

  5. ArcGIS-109-DS-RE-Patch.msp をダブルクリックし、[更新] をクリックしてセットアップ処理を完了します。

  6. プライマリ データ ストアでセットアップ処理が完了したら、スタンバイ コンピューターで ArcGIS-109-DS-RE-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始し、[更新] をクリックして処理を完了します。ビッグ データ ストアの場合は、クラスター内の他のコンピューターでもこの処理を行います。

  7. 単一コンピューターの ArcGIS Data Store のインストールの場合は、ArcGIS-109-DS-RE-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始し、[更新] をクリックして処理を完了します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用してセットアップのインストールを開始できます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ ArcGIS-109-DS-RE-Patch.msp

  8. GeoEvent マップ サービスを使用しており、ArcGIS Data Store 10.9 Reliability Enhancement Patch を適用する前に ArcGIS Data Store 10.9 にアップグレード済みの場合は、ビッグ データ ストアで次の手順を追加で実行し、GeoEvent マップ サービスに固有のレンダリングの問題を解消します。

    1. ArcGIS Data Store ツール ディレクトリの listdatasources ユーティリティを使用し、GeoEvent マップ サービスに関連するデータ ストアをリストします。

    2. listdatasources.bat

    3. upgradedatasource ユーティリティを表示し、listdatasources に記されている名前を渡して、GeoEvent マップ サービスのレンダリングの問題を解決します。

    4. upgradedatasource.bat [datasource-name]

Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.9 をインストールする必要があります。 どのコマンド ユーティリティも、ArcGIS Data Store コンピューター上で実行する必要があります。

ArcGIS フォルダーの所有者 (ArcGIS インストールの所有者とも呼ばれる) として次のインストール手順を実行します。

  1. パッチをインストールする前に、backupdatastore コマンド ユーティリティを使用し、リレーショナル、タイル キャッシュ、ビッグ データ ストアのバックアップを作成します。

  2. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    ArcGIS 10.9  
       
    ArcGIS Data Store ArcGIS-109-DS-RE-Patch-linux.tar
         チェックサム
         (SHA256)
    7E31944A2E2BC98BA630DBAA397538BAEB2B0527A1FA046761E1D0E02F43CAFD

  3. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  4. プライマリ スタンバイ モードで構成されたリレーショナルおよびタイル キャッシュ データ ストアの場合、まずプライマリ データ ストア コンピューターにパッチを適用してから、スタンバイに適用します。 クラスター モードで構成されたビッグ データ ストアとタイル キャッシュ データ ストアの場合は、パッチ適用の順序の指定はありません。

  5. プライマリ データ ストア コンピューターで次のように入力して、指定した tar ファイルを展開します。

    % tar -xvf ArcGIS-109-DS-RE-Patch-linux.tar

  6. 以下のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択内容は括弧 ( ) 内に記されます。 インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

    プライマリ データ ストアでセットアップ処理が完了したら、スタンバイ コンピューターで ./applypatch をインストールして実行する処理を繰り返します。ビッグ データ ストアの場合は、クラスター内の他のコンピューターでもこの処理を行います。

  7. 単一コンピューターの ArcGIS Data Store インストールの場合は、次のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択内容は括弧 ( ) 内に記されます。 インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

  8. GeoEvent マップ サービスを使用しており、ArcGIS Data Store 10.9 Reliability Enhancement Patch を適用する前に ArcGIS Data Store 10.9 にアップグレード済みの場合は、ビッグ データ ストアで次の手順を追加で実行し、GeoEvent マップ サービスに固有のレンダリングの問題を解消します。

    1. ArcGIS Data Store ツール ディレクトリの listdatasources ユーティリティを使用し、GeoEvent マップ サービスに関連するデータ ストアをリストします。

    2. listdatasources.bat

    3. upgradedatasource ユーティリティを表示し、listdatasources に記されている名前を渡して、GeoEvent マップ サービスのレンダリングの問題を解決します。

    4. upgradedatasource.bat [datasource-name]

Windows でのこのパッチのアンインストール


Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

Linux でのこのパッチのアンインストール


Linux でのアンインストールは、バージョン 10.5.1 以降でのみ使用できます。 これらは、10.7 以降に固有の手順です。 このパッチを削除するには、<製品のインストール ディレクトリ>/.Setup/qfe フォルダーに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール所有者として実行します。


./removepatch.sh

この removepatch.sh スクリプトを使用すると、以前にインストールされたパッチやホット フィックスをアンインストールできます。 インストール済みのパッチまたはホット フィックスについての日付順のリストを表示するには -s ステータス フラグを使用します。 インストールされた日付の新しいものから順に、-q <QFE_ID> フラグを使用してパッチまたはホット フィックスを削除できます。 使用方法のヘルプを表示するには「removepatch -h」と入力します。


パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、Esri サポート ダウンロードのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

2021 年 11 月 19 日 このパッチの Windows セットアップが新しいデジタル署名で更新されました。 この変更により、次のインストール エラーに対処します。

現在のシステム クロックまたは署名されたファイルのタイムスタンプと検証したところ、必要な証明書は有効期間内にはありません。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、ご利用の環境にあった適切なバージョンの PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。