日本語

Portal for ArcGIS 10.6.1 Enterprise Sites 2 Patch

概要

ArcGIS Enterprise サイト向けのこのパッチを適用して、サイトを表示する匿名ユーザーを含む複数の品質の問題や他の不正な挙動を解決することを推奨します。

説明

Esri® から、Portal for ArcGIS 10.6.1 Enterprise Sites 2 Patch についてお知らせします。 このパッチは、ArcGIS Enterprise サイトにおいて、サイトを表示する匿名ユーザーを含む複数の品質の問題や他の不正な挙動に対処します。 ArcGIS Enterprise サイトを使用しているすべてのお客様がこのパッチを適用することをお勧めします。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000119180 - ArcGIS Enterprise サイトへの匿名アクセスによって、パブリックな共有アイテムのデフォルトのサムネイルを表示できます。
  • BUG-000118641 - ArcGIS Enterprise サイトにおいて、カテゴリ カード用に構成されたタグ クエリによって完全一致を返すことができません。
  • BUG-000118401 - ダウンロード ボタンを使用して ArcGIS Enterprise サイトから PDF をダウンロードできません。
  • BUG-000118385 - サイトが作成された後にサイトのアイテム詳細の「利用条件」セクションを編集しても、ArcGIS Enterprise サイト内の「カスタム ライセンス」セクションが更新されません。
  • BUG-000118281 - ArcGIS Enterprise サイトにおける匿名アクセス時に、[Web マップの作成] および [メタデータの表示] によって正しくない URL が生成されます。
  • BUG-000118214 - 選択したグループによるクエリ時に、ArcGIS Enterprise サイトのカテゴリ リンク ウィジェットに正しい URL が表示されません。
  • BUG-000118052 - ArcGIS Enterprise サイトがすべての人と共有されているときは、ギャラリー カードを介して追加されたアイテムのサムネイルを読み込めません。
このパッチには Portal for ArcGIS 10.6.1 Enterprise Sites Patch が含まれます。
  • BUG-000116641 - ArcGIS Enterprise サイト内のページ アイテムで検索が動作しません。
  • BUG-000116386 - ArcGIS Enterprise サイト: セキュリティ保護されたサイトにアクセスしてサイン インが指示されたときに、ポータルで匿名アクセスが無効になっていると [サイン イン] ボタンをクリックしても何も起こりません。
  • BUG-000116244 - ArcGIS Enterprise サイト内のグループを使用してカテゴリ カードを構成すると、選択されたグループと共有されていないアイテムも表示されます。
  • BUG-000116042 - HTTP 経由でサイト管理者としてログインできません。
  • BUG-000116001 - Portal for ArcGIS の ArcGIS サイトからオープン データへの参照を削除します。
  • BUG-000115999 - プライベート Web マップで競合状態が発生すると、Cookie があるにもかかわらず、ArcGIS API for JavaScript の認証のポップアップが表示されます。
  • BUG-000115998 - Portal for ArcGIS のサイトを使用したログインで、JavaScript API ポップアップ メッセージに CSS リソースがありません。
  • BUG-000115997 - ページへの相対的なナビゲーション (ドキュメントごと) を使用すると、リンクが破損します。
  • BUG-000115996 - 匿名に共有されていないデータをチャート表示できません。
  • BUG-000115995 - ArcGIS サイトのデータセット ページで国際化が機能しません。
  • BUG-000115994 - Portal for ArcGIS 10.6.1 で、ユーザーは Internet Explorer 11 のプライベート サイトにログインできません。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

  2. Portal for ArcGIS 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
      ArcGIS-1061-PFA-ES2-Patch.msp AABF84F0FCD5326FB0A9A76076B1DBAB
         

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. ArcGIS-1061-PFA-ES2-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-1061-PFA-ES2-Patch.msp


Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして、以下のインストール手順を実施します。 インストール権限をもつユーザーは、arcgis フォルダーの所有者です。

パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    Portal for ArcGIS 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
      ArcGIS-1061-PFA-ES2-Patch-linux.tar 1CBA5D49F228BE15D1A296FAEB65E8D4
         

  2. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  3. 以下のように入力して、指定した tar ファイルを抽出します。

    % tar -xvf ArcGIS-1061-PFA-ES2-Patch-linux.tar

  4. 以下のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択が括弧内に示されています。インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

Windows でのこのパッチのアンインストール


    Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

Linux でのこのパッチのアンインストール


    Linux でのアンインストールは、バージョン 10.5.1 以降でのみ使用できます。このパッチを削除するには、/tmp ディレクトリに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして実行します。

    ./patchremove

    注意: 直前にインストールされたパッチのみを削除できます。
    ArcGIS サービスの再開

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、お使いの環境に適した PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。