日本語

ArcGIS Desktop Dialog Initialization Performance Patch

概要

このパッチは、ArcMap ユーザー インターフェイスでいくつかのダイアログが開くのが遅いというパフォーマンスの問題を解決します。

説明

Esri® から、ArcGIS Desktop Dialog Initialization Performance Patch についてお知らせします。 ArcMap ユーザー インターフェイスの一部のダイアログで、初期化に長い時間がかかるため、開く速度が低下します。 この問題は多数のフォントがインストールされているコンピューター上で特に顕著に現れます。 問題のダイアログには、(フィーチャ レイヤーの) [レイヤー プロパティ]、[オプション]、(絵文字マーカーの) [シンボル プロパティ エディター]、[ラベル マネージャー] などがありますが、速度の低下はフォント ピッカー コントロールがあるすべてのダイアログで見られます。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000113336 - [レイヤー プロパティ]、[オプション]、[絵文字マーカー エディター]、[ラベル マネージャー] など、フォント ピッカー コントロールを含むダイアログで、開く速度が著しく低下します。
10.6.1 での競合を避けるため、このパッチは以下にも対処します。
  • BUG-000115147 - ポリゴン上で ITopologicalOperator::Buffer を呼び出すと、ポリゴンがポイントに劣化する場合に、バッファー呼び出しがクラッシュします。
10.6 での競合を避けるため、このパッチは以下にも対処します。
  • BUG-000117631 - TLS バージョン 1.2 および 1.1 のサポートの追加。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

  2. ArcGIS 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Desktop ArcGIS-1061-DT-DIP-Patch.msp 3E28822F57FA751CE29B82C3BF591F7C
         
    ArcGIS 10.6   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Desktop ArcGIS-106-DT-DIP-Patch.msp A025B86ED1E2BDAAAC42C93AF943282E
         
    ArcGIS 10.5.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Desktop ArcGIS-1051-DT-DIP-Patch.msp 278EEFF7F463F73405BF766F7DE849BF
         
    ArcGIS 10.5   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Desktop ArcGIS-105-DT-DIP-Patch.msp 926A6C5B7F635BF5246417CBEDD12EB0
         
    ArcGIS 10.4.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Desktop ArcGIS-1041-DT-DIP-Patch.msp 29B392FE0A0E750EA997379C2BF45411
         

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. ArcGIS-<バージョン>-DT-DIP-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-<バージョン>-DT-DIP-Patch.msp


Windows でのこのパッチのアンインストール


    Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

2019 年 6 月 12 日: このパッチのダウンロードが ArcGIS Desktop 10.5 および 10.4.1 で使用可能になりました。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、お使いの環境に適した PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。