日本語

ArcGIS Data Store 10.6.1 Security Update 1 Patch

概要

このパッチは、イントラネットにおいて、タイル キャッシュ データ ストアがインストールおよび構成されたオペレーティング システムで昇格された権限を使用してリモート コードを実行できるようになるセキュリティの脆弱性を解決します。

説明

Esri® から、ArcGIS Data Store 10.6.1 Security Update 1 Patch についてお知らせします。 このパッチは、イントラネットにおいて、タイル キャッシュ データ ストアがインストールおよび構成されたオペレーティング システムで昇格された権限を使用してリモート コードを実行できるようになるセキュリティの脆弱性に対処します。 ArcGIS Enterprise を使用しているすべてのお客様ができるだけ早い段階でこのパッチをインストールすることを強くお勧めします。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。

ArcGIS Data Store 10.6.1 Security Update 1 Patch は、パッチ削除ユーティリティを使用してタイル キャッシュ データ ストアからアンインストールすることができません。 そのため、必要なときに ArcGIS Data Store をパッチ適用前の状態にリセットする場合は、下記のアンインストール手順をご参照ください。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000117892 - ArcGIS Data Store に、タイル キャッシュ データ ストアでリモート コードを実行できる脆弱性が存在します。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.6.1 をインストールする必要があります。 どのコマンド ユーティリティも、ArcGIS Data Store コンピューター上で実行する必要があります。

  1. backupdatastore コマンド ユーティリティを使用して、タイル キャッシュ データ ストアのバックアップを作成します。

  2. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

    ArcGIS Data Store 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Data Store ArcGIS-1061-DS-SECU1-Patch.msp AC20A4B73D841A55526E21E4F86F0738
         

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. プライマリとスタンバイのタイル キャッシュ データ ストアを含む可用性の高い ArcGIS Data Store のインストールの場合は、次の手順に従います。
    1. スタンバイ データ ストア コンピューターで ArcGIS Data Store サービスを停止します。

    2. プライマリ データ ストア コンピューターで ArcGIS Data Store サービスを停止します。

    3. プライマリ データ ストア コンピューターで、ArcGIS-1061-DS-SU1-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始し、[更新] をクリックして処理を完了します。

    4. プライマリ データ ストアでセットアップ処理が完了したら、スタンバイ コンピューターで ArcGIS-1061-DS-SU1-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始し、[更新] をクリックして処理を完了します。

  5. 単一コンピューターの ArcGIS Data Store のインストールの場合は、ArcGIS-1061-DS-SU1-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始し、[更新] をクリックして処理を完了します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用してセットアップのインストールを開始できます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-1061-DS-SECU1-Patch.msp


Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.6.1 をインストールする必要があります。 どのコマンド ユーティリティも、ArcGIS Data Store コンピューター上で実行する必要があります。

ArcGIS フォルダーの所有者 (ArcGIS インストールの所有者とも呼ばれる) として次のインストール手順を実行します。

  1. backupdatastore コマンド ユーティリティを使用して、タイル キャッシュ データ ストアのバックアップを作成します。

  2. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    ArcGIS Data Store 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Data Store ArcGIS-1061-DS-SECU1-Patch-linux.tar 15B82AD855E9B45C566F2F8C1E9298D7
         

  3. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  4. プライマリとスタンバイのタイル キャッシュ データ ストアを含む可用性の高い ArcGIS Data Store のインストールの場合は、次の手順に従います。

    1. スタンバイ データ ストア コンピューターで ArcGIS Data Store サービスを停止します。

    2. プライマリ データ ストア コンピューターで ArcGIS Data Store サービスを停止します。

    3. プライマリ データ ストア コンピューターで次のように入力して、指定した tar ファイルを展開します。

      % tar -xvf ArcGIS-1061-DS-SECU1-Patch-linux.tar

    4. 以下のように入力して、インストールを開始します。

      % ./applypatch

      これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択が括弧内に示されています。インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

    5. プライマリ データ ストアでセットアップ処理が完了したら、スタンバイ コンピューターで./applypatch を実行して、インストール処理を繰り返します。

  5. 単一コンピューターのタイルキャッシュの ArcGIS Data Store の場合は、次のように入力して、インストールを開始します。


    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択が括弧内に示されています。インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

Windows でのこのパッチのアンインストール


ArcGIS Data Store 10.6.1 Security Update 1 Patch は、パッチ削除ユーティリティを使用してタイル キャッシュ データ ストアからアンインストールすることができません。 タイル キャッシュ データ ストアをこのパッチのインストール前の状態にリセットする場合は、下記のいずれかのオプションの手順に従います。

オプション 1: タイル キャッシュを新しいコンピューターに復元する。 リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストアの両方が同一のコンピューター上にあり、リレーショナル データ ストアに影響を与えることなくタイル キャッシュ データ ストアをこのパッチのインストール前の状態にリセットする場合は、このオプションを選択します。

  1. リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストア両方のバックアップをまだ取得していない場合は取得します。

    backupdatastore

  2. データ ストアが高可用性になるように構成されている場合は、removemachine ユーティリティを使用してスタンバイ タイル キャッシュ データ ストアを削除します。

    次に、unregisterdatastore ユーティリティを使用してタイル キャッシュ データ ストアをホスティング サーバーから登録解除します。

  3. restoredatastore ユーティリティを使用して、バックアップからタイル キャッシュ データ ストアを新しいコンピューター上に復元します。

オプション 2: タイル キャッシュ データ ストアを同じコンピューター上に復元する。 タイル キャッシュ データ ストアを同じコンピューター上に再インストールする必要がある場合は、このオプションを選択します。

  1. リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストア両方のバックアップをまだ取得していない場合は取得します。

    backupdatastore

  2. データ ストアが高可用性になるように構成されている場合は、removemachine ユーティリティを使用してスタンバイ タイル キャッシュ データ ストアを削除します。 リレーショナル データ ストアがタイル キャッシュ データ ストアとして同一のコンピューター上にインストールされている場合は、リレーショナル スタンバイ データ ストアに対してこのステップを繰り返します。

  3. ArcGIS Data Store をアンインストールしてから再インストールします。ただし、ArcGIS Data Store を ArcGIS Server サイトで構成してはなりません。

  4. ArcGIS Data Store サービスを停止し、arcgisdatastore フォルダーの名前を「old_arcgisdatastore」などの別の名前に変更します。

  5. ArcGIS Data Store サービスを開始します。

  6. restoredatastore ユーティリティを使用して、このオプションのステップ 1 で作成したバックアップからタイル キャッシュ データ ストアを復元し、リレーショナル データ ストアも同じコンピューター上にインストールされている場合はリレーショナル データ ストアを復元します。

Linux でのこのパッチのアンインストール


ArcGIS Data Store 10.6.1 Security Update 1 Patch は、パッチ削除ユーティリティを使用してタイル キャッシュ データ ストアからアンインストールすることができません。 タイル キャッシュ データ ストアをこのパッチのインストール前の状態にリセットする場合は、下記のいずれかのオプションの手順に従います。

オプション 1: タイル キャッシュを新しいコンピューターに復元する。 リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストアの両方が同一のコンピューター上にあり、リレーショナル データ ストアに影響を与えることなくタイル キャッシュ データ ストアをこのパッチのインストール前の状態にリセットする場合は、このオプションを選択します。

  1. リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストア両方のバックアップをまだ取得していない場合は取得します。

    backupdatastore

  2. データ ストアが高可用性になるように構成されている場合は、removemachine ユーティリティを使用してスタンバイ タイル キャッシュ データ ストアを削除します。

    次に、unregisterdatastore を使用してタイル キャッシュ データ ストアをホスティング サーバーから登録解除します。

  3. restoredatastore ユーティリティを使用して、バックアップからタイル キャッシュ データ ストアを新しいコンピューター上に復元します。

オプション 2: タイル キャッシュ データ ストアを同じコンピューター上に復元する。 タイル キャッシュ データ ストアを同じコンピューター上に再インストールする必要がある場合は、このオプションを選択します。

  1. リレーショナル データ ストアとタイル キャッシュ データ ストア両方のバックアップをまだ取得していない場合は取得します。

    backupdatastore

  2. データ ストアが高可用性になるように構成されている場合は、removemachine ユーティリティを使用してスタンバイ タイル キャッシュ データ ストアを削除します。 リレーショナル データ ストアがタイル キャッシュ データ ストアとして同一のコンピューター上にインストールされている場合は、リレーショナル スタンバイ データ ストアに対してこのステップを繰り返します。

  3. ArcGIS Data Store をアンインストールしてから再インストールします。ただし、ArcGIS Data Store を ArcGIS Server サイトで構成してはなりません。

  4. ArcGIS Data Store サービスを停止し、arcgisdatastore フォルダーの名前を「old_arcgisdatastore」などの別の名前に変更します。

    します。/stopdatastore.sh

  5. ArcGIS Data Store サービスを開始します。

    します。/startdatastore.sh

  6. restoredatastore ユーティリティを使用して、このオプションのステップ 1 で作成したバックアップからタイル キャッシュ データ ストアを復元し、リレーショナル データ ストアも同じコンピューター上にインストールされている場合はリレーショナル データ ストアを復元します。

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、お使いの環境に適した PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。