日本語

ArcGIS Server 10.6.1 Utility Network Patch

概要

このパッチは、ユーティリティ ネットワーク データの使用に伴ういくつかの問題に対処します。

説明

Esri® から、ArcGIS Server 10.6.1 Utility Network Patch についてお知らせします。 このパッチは、ユーティリティ ネットワーク データの操作と、ユーティリティ ネットワーク ワークフローの実行に関する一連の問題に対処します。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。

注意: このパッチは、10.6.1 ではテスト用として提供される (今後のリリースでは完全に公開される予定の) ブランチ バージョン対応の sync エンジンに伴う一連の問題にも対処します。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000114071 - QueryRelatedRecords (FeatureServer) 呼び出しは、編集中またはトランザクション データベース バージョンのフィーチャの関連レコードを返しません。
  • BUG-000114245 - サマリー計算 (トレース関数と同じ) と、GP のサマリーの計算が一致しません。
競合を避けるため、このパッチには以下にも対処します。
  • BUG-000115147 - ポリゴン上で ITopologicalOperator::Buffer を呼び出すと、ポリゴンがポイントに劣化する場合に、バッファー呼び出しがクラッシュします。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Server 10.6.1 をインストールする必要があります。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

  2. ArcGIS 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Server ArcGIS-1061-S-UN-Patch.msp 5BCDBC628202D674B7362E65DCDA8C1F
         

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込みのアクセス権があることを確認します。

  4. ArcGIS-1061-Server-UN-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-1061-Server-UN-Patch.msp


Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


ArcGIS インストールの所有者として、以下のインストール手順を実施します。 インストール所有者は、arcgis フォルダーの所有者です。

このパッチをインストールする前に、ArcGIS Server 10.6.1 をインストールする必要があります。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    ArcGIS 10.6.1   チェックサム (Md5)
         
    ArcGIS Server ArcGIS-1061-S-UN-Patch-linux.tar 67459482623B9165C740C4F2D56AB491
         

  2. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  3. 以下のように入力して、指定した tar ファイルを抽出します。

    % tar -xvf ArcGIS-1061-S-UN-Patch-linux.tar

  4. 以下のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択が括弧内に示されています。インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

Windows でのこのパッチのアンインストール


Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。


Linux でのこのパッチのアンインストール


    このパッチを削除するには、/tmp ディレクトリに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール所有者として実行します。

    ./patchremove

    注意: 直前にインストールされたパッチのみを削除できます。
    ArcGIS Server サービスの再開

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、お使いの環境に適した PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。