日本語

ArcGIS Data Store 10.6 Custom Spatial Reference Patch

概要

このパッチには、Insights for ArcGIS でのカスタム空間参照を含むホスト フィーチャ レイヤーの使用に関連する問題の修正が含まれています。 このパッチは、カスタム空間参照を含むデータを使用している Insights for ArcGIS ユーザーに必須のパッチです。

説明

Esri® から、ArcGIS Data Store 10.6 Custom Spatial Reference Patch についてお知らせします。 このパッチがないと、Portal for ArcGIS のホスト データ ストアからカスタム空間参照を含むデータを使用すると、Insights がエラーを返します。 そのため、このパッチは、カスタム空間参照を含むデータ使用している Insights for ArcGIS ユーザーに必須のパッチです。 このパッチは、プライマリとスタンバイのリレーショナル ArcGIS データ ストアに適用する必要があります。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。 Insights for ArcGIS を ArcGIS Enterprise に配置し、カスタム空間参照を含むデータを使用している場合、このパッチは必須です。

ほとんどのワークフローを完全にサポートするには、以下の 2 つの追加パッチもインストールする必要があります。


このパッチで対処される問題


  • BUG-000113304 - 未知の GCS に対して、地理座標系変換が実行されません。

Windows でのこのパッチのインストール


インストール手順:


このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.6 をインストールする必要があります。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

  2. ArcGIS Data Store   チェックサム (Md5)
         
    10.6 ArcGIS-106-DS-CSR-Patch.msp 14EF4B025B7321B5E0D82B48621818FE
         

  3. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。

  4. ArcGIS-106-DS-CSR-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

    注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

    msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-106-DS-CSR-Patch.msp


Linux でのこのパッチのインストール


インストール手順:


ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして、以下のインストール手順を実施します。 インストール権限をもつユーザーは、arcgis フォルダーの所有者です。

このパッチをインストールする前に、ArcGIS Data Store 10.6 をインストールする必要があります。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。


    ArcGIS Data Store   チェックサム (Md5)
         
    10.6 ArcGIS-106-DS-CSR-Patch-linux.tar C20CCEBE25BD952FB05EFE829D9C1FED
         

  2. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

  3. 以下のように入力して、指定した tar ファイルを抽出します。

    % tar -xvf ArcGIS-106-DS-CSR-Patch-linux.tar

  4. 以下のように入力して、インストールを開始します。

    % ./applypatch

    これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択が括弧内に示されています。インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

Windows でのこのパッチのアンインストール


    Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

Linux でのこのパッチのアンインストール


    このパッチを削除するには、/tmp ディレクトリに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして実行します。

    ./patchremove

    注意: 直前にインストールされたパッチのみを削除できます。

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

2018 年 6 月 25 日: 欠落しているチェックサム値が更新されました。

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。