メインコンテンツにスキップ

パッチおよびアップデート

ArcGIS Server 10.8.1 Utility Network Patch 9

Published: March 20, 2023

サマリー

このパッチは、10.8.1 ユーティリティ ネットワーク リリースに伴ういくつかの機能面の問題にも対処します。 このパッチは、以下に示す問題のほか、エンタープライズ データベースのパフォーマンスとユーティリティ ネットワークのパフォーマンスを中心とした問題に対処します。

説明

Esri® から、ArcGIS Server 10.8.1 Utility Network Patch 9 についてお知らせします。 このパッチは、特にサブネットワークの整合チェックと更新およびリコンサイルにおける品質とパフォーマンスの向上に焦点を当てており、ArcGIS Enterprise 10.8.1 を使用しているすべてのユーティリティ ネットワーク ユーザーに推奨しています。 具体的には、このパッチは「このパッチで対処される問題」の下に示された問題に対処します。

注意: 利用可能なすべての修正を活用するには、このパッチを使用して SQLServer クライアントをアップグレードする必要があります。 アップグレード手順については「ジオデータベースのアップグレード」をご参照ください。

この Utility Network and Data Management パッチは累積的なパッチであり、これまでの Utility Network パッチのすべての修正が含まれています。 これらの修正は、下記の「このパッチで対処される問題」の下に一覧しています。

このパッチで対処される問題

  • BUG-000154463 - ジャンクション-ジャンクション接続性の関連付けを含むトレースのパフォーマンスが改善されます。
  • BUG-000154441 - トレース ネットワークに参加するフィーチャクラスを参照する際、REST エンドポイントですべてのジオプロセシング サービスが失敗します。
  • BUG-000152897 - 格納物をスプリットするポリシーで構造線フィーチャをスプリットしても、スプリット操作によって作成された新しい格納器ラインにコンテンツ フィーチャが関連付けられません。
  • BUG-000152770 - Shape_Length が結果フィールドに含まれていると、サブネットワークのエクスポート (Export Subnetwork) ツールが失敗します。
  • BUG-000152746 - Arcade 属性ルールがある、検証を有効にしたフィーチャ サービスからのエラー レイヤーのインスタンスがマップに 2 つ存在する場合、エラー インスペクターが正しく更新されません。
  • BUG-000152592 - 修正相電流があるデバイスに遭遇した後、位相伝播が想定通りに失敗し続けます。
  • BUG-000150887 - SAP HANA にエンタープライズ ジオデータベースを作成すると、GDB_Table_registry テーブルの imv_view_name 列で 32 文字しか許可されなくなります。
  • BUG-000150808 - アーカイブ差分 (DIFF) テーブルを Microsoft Azure SQL Database のグローバル一時テーブルとして作成する必要があります。

10.8.1 での競合を避けるため、このパッチは以下にも対処します。

  • BUG-000152495 - サーバーにファイルの削除を許可するには、エクスポート サブネットワーク ファイルに正しいサーバー接頭辞が必要です。
  • BUG-000152378 - eidmappings テーブルにアクセスする際に検証からシングルトン クエリを削除します。
  • BUG-000152239 - 一貫性の検証のパフォーマンス改善のためのヒューリスティックです。
  • BUG-000152209 - 応答ペイロードで検証から検出済みサブネットワークが返されます。
  • BUG-000152047 - 解析サブ検索に結合する際、「gdb_archive_oid」ではなく DBMS「rowid」を使用するために、Oracle ブランチ バージョン空間検索を最適化します。
  • BUG-000152042 - 1 つのセッションにつき 1 つの SOC だけが操作を実行できるようにするために、ブランチ バージョニングのリコンサイルとポストでアプリケーション ロックが必要になります。
  • BUG-000152041 - 「NULL のジオメトリは許可されていません。」というエラーでバージョンのリコンサイルが失敗します。
  • BUG-000151865 - サブネットワークの更新操作中に ValidatingSubnetworkTraceResult を実行するとパフォーマンスが低下します。
  • BUG-000151822 - Oracle で関連付けを表示するとパフォーマンスが遅くなります。
  • BUG-000151804 - sde_purge_process_information プロシージャと delete ステートメントが sys.objects のコミットされていないトランザクションによってブロックされる場合があります。
  • BUG-000151789 - 属性ルールを使用して関連付けを作成した後、Feature.AssociationStatus が同期されなくなります。
  • BUG-000151626 - 中間部分接続性処理からシングルトン検索式を削除します。
  • BUG-000151624 - 空間クエリ フィルターまたは属性が提供するクエリ フィルターがないすべてのブランチ バージョン対応クエリに MAXDOP 1 を追加します。
  • BUG-000151587 - ArcGIS Server 10.8.1 では、REST エンドポイントで createReplica 操作を使用すると、11 列以上のインデックスが参照先フィーチャクラスにある場合に破損したジオデータベースが作成されます。
  • BUG-000151544 - sde_branch_tables_modified プライマリ クラスター キーを branch_id、edit_moment、registration_id にする必要があります。
  • BUG-000151543 - NOT EXISTS ステートメントを削除し、ブランチ バージョニング プロシージャの「rn > 1」で置換します。
  • BUG-000151537 - SDE_Branch_modified_def_delete_procedure の delete ステートメントに forceseek インデックス ヒントを追加します。
  • BUG-000151487 - エラー フィーチャが作成される際、Validate コマンドでフィーチャのダーティ エリアが削除されません。
  • BUG-000151443 - エラー フィーチャがある場合、Utility Network バージョン 3 のネットワーク トポロジの検証ツールによってダーティ エリアが削除されます。
  • BUG-000151400 - マルチパート ダーティ エリアを作成すると、CAD プロパティがある SE_SHAPE が生成されます。
  • BUG-000151399 - 格納と添付ファイルの関連付けレコードをキャッシュするために、ビルド中にシングルトン クエリを削除します。
  • BUG-000151397 - シルバー ダーティ エリア フィーチャが検証によって削除されません。
  • BUG-000151335 - クリップが原因で、検証プロセスでライン ターミナルに対して無効なエラーが生成されます。
  • BUG-000151324 - 競合する XY 許容値と Z 許容値を原因とする重複頂点エラーに対処します。
  • BUG-000151323 - ネットワーク トポロジの検証操作でサブネットワーク テーブル全体がフェッチされます。
  • BUG-000151321 - UN3 リリースのネットワーク トポロジの検証操作ですべてのエラー フィーチャが誤ってフェッチされます。
  • BUG-000151315 - 検証でダーティ エリア クラス全体がフェッチされます。
  • BUG-000151314 - 空間参照許容値内の頂点に間違ったエラー コードを使用した有効化または検証 (エラー コード 5 にする必要があります)。
  • BUG-000151237 - ブランチ バージョンのリコンサイルでエラー「インデックスは無効な範囲にあります。」が返されます。
  • BUG-000151073 - バージョンの編集、検証、またはリコンサイルを行うと、パフォーマンスの低下と応答時間の低下がランダムに発生します。
  • BUG-000151073 - バージョンの編集、検証、またはリコンサイルを行うと、パフォーマンスの低下と応答時間の低下がランダムに発生します。
  • BUG-000151002 - NOT IN 句を使用してサブネットワークを更新すると、パフォーマンスに影響が出ます。
  • BUG-000150652 - 同じ修正対象フィーチャの同じタイプのダーティ エリアに対して、Utility Network バージョン 3 で重複レコードが生成されます。
  • BUG-000150504 - 頂点を編集して配電盤の位置を変更し、サービス ラインに接続されているサブネットワークを変更すると、元のサブネットワークがダーティとしてフラグされないまま新しいサブネットワークがダーティとしてマークされ、サブネットワークの更新ツールを実行できなくなります。
  • BUG-000149876 - 原点行が復元され、2 つのリレーションシップ クラスに参加すると、RestoreRow が失敗します。
  • BUG-000149496 - EIDMapping テーブルに対するクエリで整合チェックのパフォーマンスを向上させます。
  • BUG-000149297 - 形状の長さに関する関数バリアを使用してトレース結果が集約されると、ライン全体が返されます。
  • BUG-000148965 - 整合チェック サービス操作で、サービスに含まれるレイヤーのみが整合チェックされるのではなく、データ ワークスペース全体がチェックされます。
  • BUG-000148539 - ユーティリティ ネットワークの名前付きバージョンをリコンサイルすると、エラー メッセージ「サブネットワーク コントローラー名は指定した層にすでに存在します。 []。」が返されます。
  • BUG-000148331 - ユーティリティ ネットワークに埋め込まれた層の編集後に、IsDirty プロパティが 'True' に設定されません。 その結果、サブネットワークの更新の実行後も、下位層のサブネットワーク名が更新されません。
  • BUG-000148070 - サブネットワークのエクスポートを実行すると、出力 JSON でエレメントのジオメトリが欠落します
  • BUG-000147993 - MGRS (Military Grid Reference System) アドレスを使用する CSV から作成された Portal 10.9.1 のホスト フィーチャ サービスの上書きが失敗し、サービスがクラッシュします。
  • BUG-000147861 - ArcGIS Enterprise で、属性ルールによる関連付けの作成が失敗し、不明なエラーが表示されます。 関連付けがすでに存在するというメッセージを ArcGIS Server が誤って通知します。
  • BUG-000147798 - 印刷トークンベースのセキュア サービスをサポートするために、ImportCredentials 関数を更新します。
  • BUG-000147765 - ODBC 18 for SQL Server 接続の認証
  • BUG-000147713 - 顧客のユーティリティ ネットワーク内の特定のダーティ エリアでトポロジの整合チェックが失敗し、一般エラーが表示されます。
  • BUG-000147630 - タイムアウト後に同じ編集ペイロードを含む ApplyEdits を複数回実行すると、DBMS デッドロック エラーが発生することがあります。
  • BUG-000147190 - SQL Server キーセット カーソルに非同期データベース カーソルがパフォーマンス上の影響を及ぼす可能性があります。
  • BUG-000146998 - 競合マネージャーを使用して行を復元すると、ダーティ エリアが適切に維持されません。
  • BUG-000146889 - FGDB は、コミット閾値に達したときにインポートの関連付けに失敗します
  • BUG-000146789 - デフォルトがプロテクトの場合に、サブネットワークのエクスポートが失敗し、エラー メッセージ「この操作はバージョンの所有者のみに許可されています」が表示されます
  • BUG-000146762 - UN::UpdateSubnetworkStatusByName() のセットベースの実装。
  • BUG-000146752 - リレーションシップ クラスに属性を含める際、子バージョンの関連テーブル レコードにブランチ バージョン対応ポイントを関連付けても、バージョンの比較ウィンドウに表示されません。
  • BUG-000146650 - コンテンツ ウィンドウを使用してデフォルト バージョンを子バージョンに切り替えるときに、条件付きの値が移植されません。
  • BUG-000146572 - 特定のサブネットワークの更新またはトレースに失敗し、エラー 999999「エラー: 予期しない操作」が表示されます
  • BUG-000146391 - LKE データがある 1 つのフィーチャの移動にかかる時間が 4 分を超えます。
  • BUG-000146342 - ユーティリティ ネットワーク サービスが起動に失敗し、「データセット名が正しくありません」というエラー メッセージが返されます。
  • BUG-000145596 - ArcGIS Pro か Manager サイトで構成されたアンチエイリアス モードが ArcGIS Server REST エンドポイントで適用されません。
  • BUG-000145428 - 「not in」句の削除によって高コスト サブクエリを回避することによるリコンサイルの最適化。
  • BUG-000145357 - 複数のターミナルがあるデバイス上の同じターミナルに接続されているラインで伝達が正しく機能しません
  • BUG-000145334 - ダーティ エリアで、整合チェック後にエラーが作成される ('8' が予想される) ときに「ステータス 9」が返されます。
  • BUG-000145322 - サブネットワークの更新に失敗し、999999 「FLOAT を数値データ タイプに変換するときに、算術オーバーフロー エラーが発生しました」というメッセージが表示されます。
  • BUG-000145060 - 整合チェックで後処理を無効にする手段を提供します (サブネットワーク コントローラーをダーティとしてマーク)
  • BUG-000145058 - レイヤーのリソースが更新された後、マップ サービスの応答に更新された ETag が含まれていないため、ブラウザー キャッシュがクリアされない限り、GET リクエストに対してキャッシュされた応答が返されます。
  • BUG-000144988 - ルートに関連付けられていない曲線の中心線を編集すると 3D エラーが発生します
  • BUG-000144761 - サブネットワークを更新するには、CAD プロパティがサブネットライン フィーチャに保存されないように線分に頂点を挿入する必要があります
  • BUG-000144700 - 別のデータベース ユーザー スキーマによる同じデータベースに存在するユーティリティ ネットワークへの権限がないデータベース ユーザーによってサービスが公開されている場合、「権限が不十分です」というエラーが発生する可能性があります。
  • BUG-000144666 - ブランチ バージョンで編集の保存操作に時間がかかり、「編集の保存が失敗しました」という ArcGIS Pro エラーが発生します。
  • BUG-000144593 - V3 ユーティリティ ネットワークが関連ダーティ エリアを間違った場所に再生成します
  • BUG-000144420 - データベースの照合順序がインスタンスの照合順序と異なる場合、照合順序の競合エラーでリコンサイルが失敗します。
  • BUG-000144404 - M 値を更新したときにダーティ エリアが作成されてはなりません
  • BUG-000144260 - デフォルトの work_mem 設定を使用して PostgreSQL のブランチ バージョンをリコンサイルするとパフォーマンスが低下します。
  • BUG-000144240 - 特定のユーティリティ ネットワークでサブネットワークのエクスポートにかなり時間がかかります。
  • BUG-000143940 - ネットワーク トポロジの整合チェック (非同期) で Success = true の場合に statusUrl への成功フラグが含まれません
  • BUG-000143892 - v3 でリコンサイルが失敗します (必要なフィールドが見つかりません)
  • BUG-000143529 - 到達圏解析ツールを実行すると、エラーが発生します: エラー DBMS テーブルが見つかりません オブジェクト名 sde.sessions_137833_5 が無効です
  • BUG-000143165 - トポロジ整合チェックで、エラー フィーチャに対して作成されたダーティ エリアがクリーンにされません。
  • BUG-000142062 - リコンサイル/ポストは、DEFAULT バージョンに変更内容のダーティ エリアを作成できません
  • BUG-000141879 - デフォルト バージョンのロック情報の VersionManagementServer VersionResource を最適化します
  • BUG-000141813 - AddTerminalConfiguration が有効なパスを並べ替えています (アルゴリズム構築の不具合)
  • BUG-000141793 - ブランチ バージョニングの所有者の変更 (バージョン プロパティの変更) により、キャッシュ バージョンに新しい所有者の無効な情報が含まれる可能性があります。
  • BUG-000141670 - ブランチ リクエストに上位時間タイムスタンプを使用していない共通テーブル式 (CTE) クエリが間違った結果を返します。
  • BUG-000141477 - 非同期のトポロジ整合チェックおよびサブネットワークの更新中に gdb_items の共有ロックを取得しません
  • BUG-000141458 - gdb_branch_id によって削除するブランチ バージョン対応クエリにインデックス ヒントを追加します
  • BUG-000141457 - 切詰め操作で使用されるブランチ バージョン対応ステートメントにインデックス ヒントを追加します
  • BUG-000141456 - 空間インデックス プロパティをキャッシュしない接続によってクエリが繰り返し実行されます
  • BUG-000141455 - アクティブな行を取得するためのアクセス パスが適切になるように、ブランチ バージョン対応の INSERT ステートメントにインデックス ヒントを追加します
  • BUG-000141454 - リコンサイル/ポスト操作によって実行される UPDATE ステートメントにインデックス ヒントを追加します
  • BUG-000141365 - サービスにアノテーション レイヤーが含まれる場合、マップ サービスのエクスポート操作に時間がかかります
  • BUG-000141095 - Pro のブランチ バージョニング編集ワークフローにより、フィーチャ サービスで分割が呼び出されるとサーバー側がクラッシュする可能性があります
  • BUG-000140825 - ArcGIS Server 10.3.1 以降のサーバーのマップ サービスにアノテーションが含まれる場合、パフォーマンスが低下します。
  • BUG-000140704 - REST - measureToGeometry は、Postmile で始点および終点ルート ID が同じルート ID の場合に、中間ルートを返しません。
  • BUG-000140539 - STIntersects() クエリで空間インデックスが使用されません
  • BUG-000140525 - ダーティ サブネットワークにトレースするときに、整合チェックの最適化を実装します。 層にサブネットワークが含まれていない場合は、ダーティとしてマークできるものが存在しないため、層をトレースしないでください。
  • BUG-000140449 - sde_process_information で排他的テーブル ロックによって接続がブロックされます。
  • BUG-000140443 - コンテンツ フィーチャを整合チェックすると、コンテナー フィーチャのすべての関連付けが更新されます
  • BUG-000140314 - 既存の中心線の再調整が失敗し、エラー: DBMS エラー「ルート ID フィールド タイプが GUID のため、文字列から uniqueidentifier への変換に失敗しました」が表示されます。
  • BUG-000140214 - ポスト操作の間、gdb_itemtypes で共有テーブルがロックされ、ポストが保留されます
  • BUG-000140107 - PostgreSQL PostGIS および Oracle SDO_Geometry データから公開する際に特定のシナリオでフィーチャ サービスのレンダリングが完全に失敗します。
  • BUG-000140030 - UUID ログ ファイルのテーブル結合を使用し、ブランチ クエリのパフォーマンスを向上させます。
  • BUG-000140013 - 複数の接続が sde_process_information テーブルと sde_table_locks テーブルで排他的ロックを保持していると、デッド ロックが生じることがあります。
  • BUG-000139968 - アップグレードすると、GDB_Locks テーブルで不正な条件付きインデックスが作成される場合があります。
  • BUG-000139833 - リコンサイルとポストの同時処理中に、SDE_branches および SDE_branch_tables_modified テーブルでデッドロックが発生する場合があります。
  • BUG-000139379 - 属性リレーションシップとブランチ バージョニングを含む特定のシナリオで、競合の伝播が不正に発生します。
  • BUG-000139299 - 有効になったネットワーク トポロジの編集パフォーマンス
  • BUG-000138999 - ワークスペース内でコントローラー データセットをサポートするためにオブジェクト クラス キャッシュを拡張します
  • BUG-000138365 - 複数の関連付けを追加する際、属性ルールをトリガーするソース/ターゲット フィーチャを更新する必要があります (filegdb のバグ)
  • BUG-000138212 - サブネットワーク エラー「編集操作に失敗しました: エラー」でダーティ エリアに対するトポロジの整合チェックが失敗します。
  • BUG-000137729 - 背景マップに Esri Basemaps を使用している場合、ArcGIS Pro のデフォルトの測地基準系変換を使用して ArcGIS Pro から共有されたホスト フィーチャ レイヤーが Portal Map Viewer でずれて表示されます。
  • BUG-000137359 - ブランチ バージョンでの変更内容をリコンサイルすると、ArcGIS Pro が応答を停止します。
  • BUG-000137346 - 中間テーブルがバージョン対応登録されていないときにリコンサイルを実行すると強制終了します。
  • BUG-000137303 - VersionManagementServer で HR が返された場合、JSONResponse を介して報告されたエラーを確認します
  • BUG-000137260 - 大部分のフィーチャが編集された場合、リコンサイルを最適化します
  • BUG-000137139 - 始点/終点の globalid の関連付けを検出するクエリの分割によって UpdateAssociationInfo 関数が最適化されます。
  • BUG-000136979 - [ネットワーク トポロジの整合チェック (Validate Network Topology)] によって、大容量のメモリが誤って割り当てられるため、サーバーの SOC メモリ使用量に影響を及ぼしています。
  • BUG-000136930 - PostgreSQL データベースから取得したブランチ バージョン対応サービスでは、接続が中断されるとサービスが再起動されるまで DBMS エラーが発生します。
  • BUG-000136892 - ArcGIS Pro に -1 が返された場合、競合解決ダイアログで競合を正しく表示できません。
  • BUG-000136889 - エンタープライズ ジオデータベース 10.7.1 を 10.8.1 にアップグレードし、Next_RowID を取得するクエリを実行すると、エラー メッセージ [Msg 8144, Level 16, State 2, Procedure DBO.i13_get_ids, Line 0 [Batch Start Line 0] プロシージャまたは関数 i13_get_ids で指定された引数が多すぎます] が返されます。
  • BUG-000136296 - 長時間にわたるリコンサイルにより、Default バージョンの編集や、ブランチ バージョニングによる他のバージョンの編集がブロックされることがあります。
  • BUG-000136284 - マルチブランチとして登録されているデータを編集すると、SQL Server のジオデータベースでロック エスカレーションやシナリオのブロックが発生します。
  • BUG-000136107 - [サブネットワークの更新 (Update Subnetwork)] ツールが失敗し、エラー メッセージ「エラー 001400: サーバーは時間がかかり過ぎて応えることができませんでした。 クライアントはタイムアウトしました。 (ステータス コード 28)。 (UpdateSubnetwork) を実行できませんでした。」が返されます。
  • BUG-000135328 - ブランチ バージョンでリコンサイルが失敗し、「この OID を持つ行はすでに存在します」というエラー メッセージが表示されます。
  • BUG-000135117 - 地理座標系 (GCS) の空間参照ユーティリティ ネットワーク上でサブネットワークを更新すると、ラインが短いと 2 回目は失敗します。
  • BUG-000134954 - [バージョンのリコンサイル (Reconcile Versions)] ツールを使用して複数のバージョンをリコンサイルすると、ArcSOC.exe インスタンスが強制終了します。
  • BUG-000134950 - 関連先テーブルがバージョン対応登録されていないときにリコンサイルを実行すると強制終了します。
  • BUG-000134496 - [バージョンのリコンサイル (Reconcile Versions)] ツールを使用するときに、[競合が検出された場合は中止] パラメーターをオフにしても、セッションはリコンサイルを中止します。
  • BUG-000133978 - ArcGIS Pro 環境の外部で [レポートを PDF にエクスポート] ArcPy 関数を実行できません。
  • BUG-000133698 - [エラーのみを生成] オプションをオンにしてトポロジを有効化にすると、エラーのダーティ エリアは消去されません。
  • BUG-000133185 - [ネットワーク トポロジの整合チェック] ツールが失敗し、「編集操作に失敗しました」エラー メッセージが返されます。 エラー:"
  • BUG-000132887 - UN が GCS「GDA2020」にある場合、電気サブネット ラインと電線は重複しません。
  • BUG-000132610 - 最初の 150 レコードが削除された場合に、csv の更新/上書きが失敗します。
  • BUG-000130888 - 空のフィーチャクラスを登録する際に [ジオデータベースに登録 (Register With Geodatabase)] ツールが失敗します。
  • BUG-000115504 - ターゲット フィーチャクラスが、メッセージ機能が有効なリレーションシップ クラスに属している場合、ArcGIS Pro の [アペンド (Append)] ツールは動作が非常に遅くなります。

Windows でのこのパッチのインストール

インストール手順

このパッチは、ArcGIS Server サイトに関連するすべての ArcGIS Server 製品にインストールする必要があります。

パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。

    ArcGIS 10.8.1  
       
         ArcGIS Server ArcGIS-1081-S-UN9-PatchB.msp
         チェックサム
         (SHA256)
    0B16B79E3237E8242D02C0B8DCEF2C1043C15361A85BACC91DA8EB9469B8B673
       

  2. ArcGIS のインストール場所に対して書き込み権限があることを確認します。
  3. ArcGIS-1081-S-UN9-Patch.msp をダブルクリックしてセットアップ処理を開始します。

注意: MSP ファイルをダブルクリックしてもセットアップのインストールが開始されない場合は、次のコマンドを使用して手動でセットアップのインストールを開始することができます。

msiexec.exe /p [パッチの場所]\ArcGIS-1081-S-UN9-Patch.msp


 

Linux でのこのパッチのインストール

インストール手順

ArcGIS インストール権限を持つユーザーとして、以下のインストール手順を実施します。 インストール権限を持つユーザーは、arcgis フォルダーの所有者です。 このパッチは、ArcGIS Server サイトに関連するすべての ArcGIS Server 製品にインストールする必要があります。

パッチをインストールするには、この表にリストされた ArcGIS 製品がシステムに事前にインストールされている必要があります。 それぞれのパッチ セットアップはリストの ArcGIS 製品のみを対象としています。 どの製品がシステムにインストールされているかを確認するには、「インストールされている ArcGIS 製品の識別方法」をご参照ください。 ご使用のシステムにインストール済みの製品ごとにパッチをインストールすることをお勧めします。

  1. 適切なファイルを ArcGIS のインストール場所以外の場所にダウンロードします。
ArcGIS 10.8.1  
   
     ArcGIS Server ArcGIS-1081-S-UN9-PatchB-linux.tar
     チェックサム
     (SHA256)
CB71BB4ED2A9FDC1B5248FADE163800227C1EA5B4AB468DAB77A4D14990F8C3C
   

2. ArcGIS のインストール場所への書き込み権限があり、他のユーザーが ArcGIS を使用していないことを確認します。

3. 以下のように入力して、指定した tar ファイルを抽出します。

% tar -xvf ArcGIS-1081-S-UN9-Patch-linux.tar


4.以下のように入力して、インストールを開始します。

% ./applypatch

これによって、メニュー方式のインストール手順のダイアログが起動します。 デフォルトの選択内容は括弧 ( ) 内に記されます。 インストール手順を終了する場合は、「q」を入力するといつでも終了できます。

ジオデータベースのアップグレード

ArcGIS のホットフィックスまたはパッチが適用されている場合、含まれている修正の種類に応じて、ジオデータベースもアップグレードする必要がある場合があります。 詳細については、各 DBMS プラットフォームの「ジオデータベースの管理」ページにある「ジオデータベースのアップグレード」セクションをご参照ください。 ジオデータベースがすでに必要なレベルにある場合には以下の手順を実行しても問題は発生しないため、以下で概要を説明する手順に従うことをお勧めします。 データベースがすでに必要なレベルにある場合、そのことを知らせるメッセージが表示されます。

ArcGIS Server をアップグレードするには、Python を使用する必要があります。 Windows または Linux で ArcGIS Server を使用する場合、ArcGIS Server のフレームワーク/ランタイム コンポーネントに付属する python.exe を使用して、適切な Python 3 環境にアクセスできます。 さらに、Windows では、Python 3 環境を起動するためのスクリプト バッチ ファイルがあります。

アップグレードを実行する場合、この Python 構文例を使用してスクリプトを作成し、スクリプトに script upgrade_gdb.py という名前を付けます。


import arcpy
Connection_File_Name_full_path="C:\\temp\\sysadmin_connection.sde"
arcpy.UpgradeGDB_management(Connection_File_Name_full_path, "PREREQUISITE_CHECK", "UPGRADE")

 

Windows で、Python 3 環境を使用し、アップグレード スクリプトを明示的に実行します。 ArcGIS Server がデフォルトの場所にインストールされている場合、スクリプトは次のいずれかのコマンドで実行できます。

"C:\Program Files\ArcGIS\Server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\scripts\propy.bat" C:\temp\upgrade_gdb.py

Or

"C:\Program Files\ArcGIS\Server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\envs\arcgispro-py3\python.exe" C:\temp\upgrade_gdb.py

 

Linux で、次のコマンドを使用して Python 3 環境を起動します。

source /<arcgis_server_installation_directory>/arcgis/server/framework/etc/arcenv
unset LD_PRELOAD
unset CONDA_DEFAULT_ENV

次のコマンドでアップグレード スクリプトを実行します。

wine "Z:\<arcgis_server_installation_directory>\arcgis\server\framework\runtime\ArcGIS\bin\Python\envs\arcgispro-py3\python.exe" <path_To>\upgrade_gdb.py

Windows でのこのパッチのアンインストール

Windows でこのパッチをアンインストールするには、Windows の [コントロール パネル] を開き、インストールされているプログラムに移動します。 [インストールされた更新プログラムを表示] ([プログラムと機能] ダイアログの左上) がアクティブであることを確認します。 プログラム一覧からパッチ名を選択し、[アンインストール] をクリックしてパッチを削除します。

Linux でのこのパッチのアンインストール

バージョン 10.7 以降でこのパッチを削除するには、<製品のインストール ディレクトリ>/.Setup/qfe ディレクトリに移動し、次のスクリプトを ArcGIS インストール所有者として実行します。

/removepatch.sh


この removepatch.sh スクリプトを使用すると、以前にインストールされたパッチやホット フィックスをアンインストールできます。 インストール済みのパッチまたはホット フィックスについての日付順のリストを表示するには -s ステータス フラグを使用します。 インストールされた日付の新しいものから順に、-q フラグを使用してパッチまたはホット フィックスを削除できます。 使用方法のヘルプを表示するには「removepatch -h」と入力します。

ArcGIS サービスを再起動します。

パッチの更新

追加のパッチがリリースされていないか、パッチおよびサービス パックのページを定期的に確認してください。 このパッチについての新しい情報が、このページに掲載されます。

インストールされている ArcGIS 製品の識別方法

どの ArcGIS 製品がインストールされているかを確認するには、ご利用の環境にあった適切なバージョンの PatchFinder ユーティリティを選択して、ローカル コンピューターから実行します。 PatchFinder には、ローカル コンピューターにインストールされているすべての製品、ホット フィックス、およびパッチが表示されます。

PatchFinder for Windows

PatchFinder for Linux/Unix

お問い合わせ

このパッチのインストールで問題が発生したときは、米国内の場合は Esri のテクニカル サポート (1-888-377-4575) までお問い合わせください。 米国外の場合は、お住まいの地域の Esri ソフトウェア販売代理店にお問い合わせください。



ダウンロード ID:8090

ArcGIS の専門家からヘルプを受ける

テクニカル サポートへのお問い合わせ

Esri Support アプリのダウンロード

ダウンロード オプションに移動